ペット大好き!情報
「ティコは末っ子気質です」と話す黒澤ゆりかさん=東京都内のドッグカフェで
「ティコは末っ子気質です」と話す黒澤ゆりかさん=東京都内のドッグカフェで
プロフィール

1988年生まれ、千葉県出身。女優、タレントとして幅広く活動中。今年4月発売のCD「涙のエイプリルフール」で歌手デビュー。活動情報は本人の ブログ で。

黒澤ゆりかさんとティコ ヨークシャーテリア(メス 1歳)

「行かないで」・・・
わざといたずら

 女優の黒澤ゆりかさんが妹のようにかわいがっているのが、ヨークシャーテリアのティコ。耳が大きく、美しい毛並みで、まるでクマの縫いぐるみのよう。加えて頭も抜群にいい。「待て」「お手」「伏せ」「ハイタッチ」などもすぐ覚えた。

 黒澤さんは「フォトジェニックジャパンコンテスト2011」で凖グランプリに選ばれたことがある。映画、CMや舞台などで活躍している。

 実はティコの前もヨークシャーテリアを飼っていた。15歳で亡くなり、「つらくて、もう2度と犬は飼わない」と思った。しかし、「1年もたつと、恋しくて、恋しくて。たまらなくなり、ペット店を訪れるようになりました」と話す。

 ある日、ビビッとくる子犬に遭遇した。その場で家族みんなの意見が一致し、迎え入れた。

 「先代の犬をかわいがっていたつもりでしたが・・・。亡くなってから、もっとこうしてあげればよかったとか、反省点が出てきました」

 よかれと思ってやってあげたことが、犬にとっては負担だったのかも。家族で話し合い、みんなで犬の躾(しつけ)や飼い方を再勉強したという。

 ティコはこうして家族の愛情をたっぷり受け、黒澤家のマドンナとしてすくすくと育った。

 「先代は、どちらかといえば長女気質。まだ幼かった私の面倒を見ようと『お姉さん』らしい振る舞いがありました。でも、ティコはすごい甘えん坊。抱っこ大好きのいわば『末っ子』の気質です」

 ティコは黒澤さんが外出しようとすると、鞄(かばん)の中からハンカチを取り出して持って行ったり、靴下を持ち去ったり、わざといたずらをして、「行かないで」とアピールする。でも、怒れない。

 一方、休日は、「遊んで」というアピールが旺盛。黒澤さんの前にボールやおもちゃを持ってきては、ポイッと投げて遊びに誘う。黒澤さんとドッグランやドッグカフェに行くのも大好きだ。

 「外出時には、洋服を着せています。ティコはお出かけしたいときとか、自分から洋服に首をつっこんで『外に行こうよ』と合図します。洋服を着せてあげると、すぐに外出用のキャリーバッグに入ります」

 黒澤さんが話している間、耳を傾けながら純粋な瞳で、じっと黒澤さんを見つめているティコ。かわいらしく、見ているだけで癒やされる。  「私の会話もちゃんと理解しているようです。いつも瞳がまっすぐなので、どんなに落ち込んでいるときも元気をもらえます」

 天真爛漫(らんまん)な天使は、黒澤さんの仕事のエネルギー源だ。

 (文・宮西ナオ子、写真・高嶋ちぐさ)