ペットピックアップ情報

避難した飼い主の82%が犬猫と共に
東日本大震災で調査

 ペットに関するWEBマガジンの「アイリスペットどっとコム」は、犬や猫の飼い主に対し、昨年3月の東日本大震災でのペットの反応や困ったことなどについての「地震とペットに関する調査」を実施。1976人から回答を得た。

 東日本大震災では回答者のうち194人が実際に避難した。そのうち、82%がペットと一緒に避難していた。

 一方、12%はペットを自宅に残したまま避難したと回答。その理由は「(室内飼いのペットが)地震で逃げ出し一緒に避難できなかった」「ペットの不安感が強くて連れ出すことができなかった」-などだった。

 また、震度4以上の揺れだった1203人に「震災後1カ月間に困ったこと」を質問したところ、(1)ペットの不安が強く、安心させることが難しかった(19%)(2)水が手に入りにくかった(16%)(3)フードが手に入りにくかった(14%)-などで、震災後、フード、飲み水、トイレ用品などペットの震災対策をする飼い主が増えていた。

(2012年3月28日)

◆新刊「インコを幸せにするためのおもちゃ・アイデアブック」(青木愛弓著、誠文堂新光社、1680円)
写真
 インコは賢く、遊び好き。インコたちの生活をもっと充実させるおもちゃのアイデアとその作り方を紹介している。おもちゃは安価に、簡単に作れるものばかり。