ペットピックアップ情報

犬、猫にかかる支出 治療費がトップ2位はえさ代

写真

 ペット保険大手の「アニコム損害保険」は、同社の保険契約者に対し、2011年の「1年間にペットにかけた費用(1匹あたりの年間支出)」に関する調査を行い、発表した。約2500人から回答を得た。

 犬は、年間32万5867円(前年比2.6%増)、猫は18万4735円(同13.4%増)という結果になった。

 支出の上位5つは、犬は(1)病気やけがの治療費(6万2872円)(2)フード・おやつ代(4万4061円)(3)しつけ・トレーニング料(3万8563円)(4)ペット保険料(3万3722円)(5)シャンプー・カット・トリミング料(3万2724円)。

 猫は(1)病気やけがの治療費(4万9846円)(2)フード・おやつ代(3万6258円)(3)ペット保険料(2万8240円)(4)日用品(2万316円)(5)ペットホテル・ペットシッター代(1万8292円)-だった。

 治療費については犬は前年比31.7%増、猫は同10.2%増となった。その理由について、「高齢になり、通院が増えたため」などのほか、「東日本大震災のストレスで皮膚やおなかが敏感になった」との回答も寄せられた。また、大震災の影響で節電意識の高まりから、犬にも「寒さ対策で洋服を購入した」との声もあった。

(2012年2月6日)