ペット大好き!情報
九十九里の海岸まで散歩する田嶋さんとマメ。ともによく鍛え、健康だ=千葉県で
九十九里の海岸まで散歩する田嶋さんとマメ。ともによく鍛え、健康だ=千葉県で
プロフィール

たじま・てっぺい  1984年生まれ。千葉県出身。16歳でプロサーファーに。ハワイを活動の拠点に大会に参戦。2008年日本プロサーフィン連盟のツアーグランドチャンピオン。

田嶋鉄兵さんとマメ ★ミックス(メス 6歳)

幸せな『千葉犬』
サーファー一家

 日本のプロサーファーとして、世界最高峰の舞台に挑み続ける田嶋鉄兵さん。住まいは、サーフィンが盛んな千葉県の九十九里浜。自然豊かな町だ。

 家の前で、いつもしっぽを振って来客を出迎えるのが、愛犬「マメ」。6年ほど前に田嶋さんの母が引き取り、マメシバから名付けた。

 じゃ、柴(しば)犬?

 「いえ、千葉犬(ちばけん)です」。田嶋さんは笑って説明する。

 「このへんは、みな柴犬と何かが入ったミックス犬が多いので、それを冗談で千葉犬といってるんです。お隣も向こうの家も、みんな千葉犬ですよ」

 千葉の愛犬家たちの、ユーモアあるしゃれなのだ。

 「千葉はまだ捨て犬が多いんです。マメは保護されたとき体が衰弱していて、獣医師は1週間も生きられないと。それでも見捨てられないと連れてきたら、あっという間に元気になりました。以来、病気はしないし、性格も優しい犬になりました」

 すらりとして、健康的なマメ。見るからに賢そうだ。散歩中、ほかの犬が吠(ほ)えてきても、自分からは吠えない平和主義だという。

 田嶋さん宅はサーファー一家。父は自宅隣の工場でサーフボードを製作。ウエットスーツが干してある庭では、2歳になる息子が遊び、マメも自由に走り回って、みんなにかわいがられている。

 「ふだん元気に走ってますが、息子と一緒だと、歩調を合わせてゆっくり歩くんです。息子が田んぼのほうまでどんどん歩いていくと、マメはこっちを振り返り、『いいの、いいの?』と確認する。すっかりお姉さん役です」

 海岸まで徒歩10分。岸壁に打ち寄せる波しぶきにも、マメは全くたじろがない。

 「マメは平気だけど、前に飼っていたシロという犬は、海をすごく嫌がりました。というのも、シロは誰かが車で海岸に連れてきて、捨てていった犬でした。海がトラウマになったんですね」

 サーファーや地元の人たちにとって、この美しい海岸に犬が捨てていかれるのは悲しい。最近は近所の人たちの努力で、かわいそうな犬はだいぶ減り、代わりに、マメのように幸せな千葉犬が増えているという。

 「マメは僕のことを対等にみて、態度も大きいです。でも、海外の試合から戻るとすごく喜んで迎えてくれるので、今年もがんばってこようと思います」

 秋からハワイで競技生活に入る田嶋さん。これまでの取り組みがテレビドキュメンタリーとして近く放送されるなど、活躍が期待されている。テレビなどの情報は、田嶋さんの ブログ ツイッター で。

 (宮晶子、写真も)