ペットピックアップ情報

動物病院の救急・時間外 3割が通院経験あり

 ペット保険大手の「アニコム損害保険」は、同社の保険契約者を対象に「ペットの救急経験に関するアンケート」をインターネットを通じて実施した。2328人から回答を得た。

 結果によると、「具合が悪くなったペットを救急施設あるいは動物病院などの時間外(夜間)に連れて行った経験がある」との回答は34.2%(796人)。また、「連れて行きたかったが、できなかった」も6.1%(142人)。合計40.3%(938人)という結果だった。

 その938人に聞いた救急原因についての質問(複数回答)では、(1)嘔吐(おうと)・下痢35.4%(2)異物誤飲・誤食21.0%(3)ぐったりしていた18.7%(4)けが17.6%(5)足を引きずる・痛がる15.1%(6)けいれん・発作10.0%-の順。

 (2)の誤飲・誤食ではチョコレート、魚の骨、焼き鳥の串(くし)あるいは消しゴム、ビニール、釣り針など人間の食べ物、日用品や薬が多かった。

 救急で通院した費用は平均2万9312円、10万円以上という回答も5.5%(44人)あった。

(2010年10月4日)

◆新発売・サイエンス・ダイエット「シニア アドバンスド」
写真
 日本ヒルズ・コルゲートは、13歳以上の高齢犬、14歳以上の高齢猫のそれぞれ専用ドライフードを新発売。高齢犬猫向けに栄養バランスを配慮した。犬用1キロ1712円、猫用1キロ1817円など。詳細は同社HPまたはお客様相談室電(0120)211311。