ペットピックアップ情報

一般向けに14講座 9月 ペット医療フォーラム

 国内最大級のペット医療の大会、「日本臨床獣医学フォーラム」(事務局=東京都渋谷区)の第12回年次大会が、9月17~19日、東京都千代田区のホテルニューオータニで開かれる。一般飼い主向けの講座も多く企画されている。

 一般向けの「市民講座」として、猫の嘔吐(おうと)やぼうこう炎、犬のしつけや皮膚病など、ペットの日常のケアに関するテーマで14講座が企画されている。

 また、専門家と市民を対象にしたスペシャルシンポジウムも2つ開催。テーマは、「20歳を超えての在宅治療」など、実際のペットの症例からより良いケアを考える内容。

 会場ではポスターセッションや医療機器・薬品・フードなどの展示もあり、最先端のペット医療情報に触れられる機会となる。

 一般の参加費は、事前1日券1000円(8月27日まで)、当日1500円。事前券はウェブ申し込み。

 詳細は、 ホームページ 、事務局(電)03(3355)3979。

(2010年7月26日)

◆新刊「きな子~見習い警察犬の物語~」(水稀しま著、小学館ジュニアシネマ文庫、735円)
写真
 見習い警察犬と見習い訓練士、実話から生まれた、心あたたまる絆(きずな)の物語。漢字にはルビが多用され、子どもにも読みやすい。同じタイトルの映画(小林義則監督)は8月14日から全国ロードショー公開。