ペット大好き!情報
七吉(左)とミカリ。「2匹はとても仲良し」とキャシー中島さん=都内で
七吉(左)とミカリ。「2匹はとても仲良し」とキャシー中島さん=都内で
プロフィール

きゃしー・なかじま 歌手、タレント。キルト作家としても活動中。ハワイ出身。静岡・御殿場に、本人のパッチワーク美術館「スタジオKキルトミュージアム」がある。公式ブログは コチラ

キャシー中島さんと2匹のラガマフィン ミカリ(メス 2歳半)、七吉(オス 1歳)

婿の名は『七吉』
亡き娘にちなむ

 昨年はキャシー中島さん一家にとって、最も悲しい年になってしまった。それは最愛の長女、七奈美(ななみ)さんが7月7日、肺がんで29歳という若さで、天国に召されてしまったからだ。しかも飼い猫のうち2匹が虹の橋を渡ってしまった。

 「5月には、17年間ともに暮らした愛猫のラグドールが亡くなりました。でも、娘の闘病生活が大変で、悲しんでいる余裕すらありませんでした」

 それからもう1匹、七奈美さんが亡くなった同じ日に、19年間生きたラグドールのメスが亡くなった。

 キャシーさんは目を潤ませながら「普通ならばペットロス症候群になっていたと思います。でも、娘に対する悲しみがあまりに深かったので、愛猫たちの死を悲しんであげられなかったんですね。この猫たちは、猫好きの七奈美が『1人じゃかわいそうだから』といって、一緒についていってくれたと思いますよ」と話す。

 「七奈美が亡くなった時、本当に落ち込んでしまって…。それに2匹の猫もいなくなってしまい、寂しくなったものですから、それでは、(その前の年から飼い始めた)ミカリにお婿さんを迎えようか、となったんです」

 ミカリとは、ラガマフィンのメス。

 「週刊誌にすごく性格のよい猫と書いてあったので、早速インターネットで調べたら、かわいい子が見つかったので求めました。生後2カ月でふわふわの女の子でした」

 次女の雅奈恵(かなえ)さんが初めて映画に出演した時の役名がミカリだった。その名にちなんで命名した。

 そして、お婿さんとして迎えたのが、七吉だ。名前は七奈美さんの「七」の1文字からつけた。通称「ニャニャ吉」と呼んでいる。

 背中にスヌーピーのような白と黒の模様があり、立派なシッポをゆさゆさ揺する。

 亡くなった七奈美さんは猫に縁が深かった。生まれた時を同じくして、当時の飼い猫が子猫を産んだこともあり、子どもの時からたくさんの猫とともに育ってきた。

 「(七奈美の死は)今も悲しいことに変わりはありません。でも、私たちと同じようにがんで悲しむ人が大勢います。そういう人たちの悲しみを減らしたいという思いから、『773(ななみ)チャリティー』を立ち上げました。毎年7月7日の命日にがんの治療と研究に役立てていただくため、医療機関に寄付をし、同時に若い人たちに早期発見を呼びかけていきたい」

 6月26日、東京・六本木ヒルズにて、773チャリティーコンサートを開催する。ニャニャ吉も応援する。

 (文・宮西ナオ子、写真・石井裕之)