ペットピックアップ情報

しつけから法律まで 5、6月犬の飼い主検定

 NPO法人「動物愛護社会化推進協会」(大阪府)が、第5回「犬の飼い主検定」を5月から全国7カ所で実施する。

 「人と家庭動物の共生する豊かな社会づくりのため、飼い主がしっかりとした意識を持つことが必要」という考えの下、始めた検定で、これまで4400人が受検、8割以上が合格した。

 犬の法令、しつけや健康管理まで広い範囲から出題され、マークシート方式で回答。例えば、「雌犬を乳がんから守るには」という問題に4つの答えから選択する。時間は90分。

 試験日程は、5月29日=千葉(千葉市民会館)、横浜(ウィリング横浜)名古屋(名古屋市中小企業振興会館)、大阪(関西大 天六キャンパス)▽同30日=東京(お茶の水女子大)▽6月5日=さいたま(埼玉会館)、福岡(福岡商工会議所)。受検料3000円、申し込みは5月8日まで。問い合わせは同協会事務局(電)06・6971・1162。またはHP(協会名で検索)で、HPからの申し込みも可。

(2010年4月12日)

◆新刊「山登りねこ、ミケ 60の山頂に立ったオスの三毛猫」(岡田裕著、日本機関紙出版センター、1000円)
写真
 著者は長野県安曇野市在住、「日本の山1000山を登る会」の会長。ミケは著者夫妻と一緒にリードなしで、14年半かけて2000メートル級を含め60の山に登頂した。ミケと一緒の登山、暮らしを写真、エッセイで紹介。