ペットピックアップ情報

行政の協力賛成8割
「地域猫」アンケート

 NPO法人「動物愛護社会化推進協会」(大阪市)は、「飼い主のいない猫・地域猫についてのアンケート」を猫・犬の飼い主を対象に実施、2302人から回答を得た。

 回答者の90%が「飼い主のいない猫」を地域で見かけると回答した。それらの猫を「どう思うか」との質問(複数回答可)には、「いてもいいと思う」54%、「何か対策をとるほうがよい」50%、「迷惑をかけなければいてもいいと思う」32%が多かったが、「いなくなってほしい」も10%あった。

 飼い主のいない猫で困っていることを聞いたところ、「特にない」が54%だったものの、「排せつ物」28%、「敷地に入ってくる」18%、「鳴き声がうるさい」10%、「庭・畑などが荒らされる」8%という結果だった。

 その上で、「行政が地域猫活動に協力することに賛成か」との質問には、80%が賛成。しかし、「税金を使ってまでする必要はない」などの反対意見も出た。

(2010年2月8日)

新刊「障害犬タローの毎日 すべての脚を失った捨て犬の涙と笑いの11年」(文・佐々木ゆり、写真・三島正、アスペクト、600円)
写真
10万部突破のベストセラーが文庫化。難病でしっぽ、両耳、すべての脚を失ったミックス犬の太郎をめぐる愛情物語。