ペットピックアップ情報

触れ合いながら学ぶ アニマルセラピー講演

J・ウオーレン博士
J・ウオーレン博士

 アニマルセラピーを実践してきた米国の学校「グリーンチムニーズ」のJ・ウオーレン博士が来日し、東京都内で2日間にわたって講演、同校の取り組みを紹介した。

 グリーンチムニーズは1947年に、ニューヨーク近郊の農場を創始者である教育学者が買い取り、開設した。主に心に障害がある子どもたちを受け入れる非営利の学校として運営。毎年、数百人の子どもたちに、農作業や動物の世話などを取り入れた独特のプログラムを行っている。乗馬療法や介助犬の訓練、野生動物のリハビリ、多くの動物の世話を通して子どもたちは他者との関係構築、責任感などを学び、人格形成に役立てられるという。専門家から高い評価を得ている。在校生にはニューヨーク州から学費援助もある。

 グリーンチムニーズには公開プログラムもあり、日本の大学生も毎年数人参加している。一般見学会もあり、ウオーレン氏は参加を呼びかけている。同校の詳細はHP(「Green Chimneys」で検索)で。

(2009年12月14日)

「日本動物福祉協会2010年動物カレンダー」
写真
 ペットたちの「とびっきりの1枚」の表情を集めた、チャリティーカレンダー。見開き約60×30センチ。1部2000円(送料別途)。申し込みは日本動物福祉協会(電)03(5740)8856へ。