ペット大好き!情報
「ヴゥルは元気で、食べるのが大好き。犬らしい性格です」とSHEILAさん=都内で
「ヴゥルは元気で、食べるのが大好き。犬らしい性格です」とSHEILAさん=都内で
プロフィール

しぇいら キューバ出身。会社勤務を経て、スポーツキャスター、女優、ラジオDJ、タレントとして活躍。ブランド「スヌーピー スタードール」も手掛けている。

SHEILAさんとヴゥル、ラヴ チワワ(オス8カ月、8歳)

社交的な後輩と
人見知りの先輩

 SHEILAさんの愛犬の名前は「ヴゥル」。英語で強い牛を意味する。こんなに小さくて愛らしいのに。

 「わたし、丑(うし)年生まれで牛が大好き。北海道まで牛を見にいったほどですよ。でも牛は簡単には飼えませんからね。ヴゥルも丑年生まれで、牛のように落ち着いていますよ」

 小さな体のヴゥルだが、ものおじしない性格で、「最近、一緒に出かけるのがとても楽しいんです」という。

 実は、家には同じチワワで、8歳になる「ラヴ」もいるが、こちらは人見知りするタイプで、外へ行くのが苦手なのだそうだ。

 「獣医師がいうには、ラヴは早くに親、きょうだいと離されて、社会化がうまくできなかったのではと。そういえば、ペット店で見たときもひとりで震えていました。犬を買うのが初めてだったので、性格まで分かりませんでした」

 だがラヴは賢く、言葉もよく覚えた。もう1匹飼えば、人見知りも直るかもと探し続け、やっと見つけたのがこのヴゥル。

 「店では仲間の犬と元気に遊んでいたし、抱き上げるとされるがまま。この性格なら大丈夫だと思いました」

 ヴゥルの首にかけた手作りのミサンガは水色。コミュニケーションを表す色だという。「たくさんの人、犬と仲良くなれるようにという願いを込めました」

 その願いどおり、ヴゥルは社交的に。唯一の問題は先輩犬ラヴとの関係のよう。

 8年間、他の犬と接触なく暮らしてきたラヴは、子犬のヴゥルを見ても、自分と同じ種類の生き物だとは思わなかったようで、警戒して、なかなか近寄ろうとしない。逆に、怖いもの知らずのヴゥルにおされっぱなし。

 「ラヴは、家族の靴下やらおもちゃなどお気に入りのものを、部屋の一角に大事にためておくんです。その聖域に、ヴゥルが勝手に入っていく。そのたびラヴは私のところへ来て、『あいつ、オレのなわばりに入ってる!』とワンワン訴えるんですよ」

 SHEILAさんが毎晩ラジオの仕事を終えて帰宅したときも、出迎えにきた2匹が飼い主をめぐり、ひと騒動。

 そこで、まず先輩のラヴを抱っこ。次にヴゥルを抱っこ。この「ただいまの儀式」の順番は、決してくずさないという。

 「獣医師さんには、1年、2年かかっても必ず仲良くなるから、ラヴのペースで待つようにといわれています。2匹が一緒にのんびり昼寝をしている姿をいつか見たいですね」

 (文・宮晶子、写真・高嶋ちぐさ)