ペットピックアップ情報

体内リズムに合わせ選曲
愛犬、愛猫と一緒に楽しむクラシック

写真

 ペットと一緒に聴いてリラックスするのが目的のCD「犬と楽しむクラシック」「猫と楽しむクラシック」が、東芝EMIから発売された。

 クラシック音楽は人間の体内リズムにいい影響を与えるといわれるが、このCDは、犬や猫の体内リズムに合わせて選曲されたのが特長。監修は、犬や猫の鳴き声を人の言葉に置き換える装置「バウリンガル」「ミャウリンガル」を開発した日本音響研究所が行った。

 犬(小型犬)は、安静時の心拍数が1分間約80~100、猫は約120~140で、それに合わせたリズムの曲を選んだという。

 犬猫CDともそれぞれ15曲収録し、犬CDはショパンの「小犬のワルツ」、チャイコフスキー「くるみ割り人形」など、猫もショパン「猫のワルツ」やラヴェル「水の戯れ」などで、いずれもポピュラーな曲が多く、飼い主も気軽に楽しめる。各1500円。

(2009年10月26日)

新刊「トメさんちの愛犬マヤ」(上大岡トメ著、飛鳥新社、1155円)
写真
山口県在住のイラストレーターの著者の家にやってきた子犬のマヤと、家族4人を楽しく描いたエッセー。著者によるマンガ、イラストも。初めて犬を飼う人におすすめ。