ペット大好き!情報
「ロックと呼びたかったけど、かわいいイメージだったのでポップに。今はロックでも似合う?」と笑う玉置さん
「ロックと呼びたかったけど、かわいいイメージだったのでポップに。今はロックでも似合う?」と笑う玉置さん
プロフィール

 たまき・なみ 1988年和歌山市出まれ。2003年歌手デビュー。新曲「もしも願いが…」を10月リリース予定。公式サイト、ブログは名前で、公演は本文中のミュージカル名でそれぞれ検索。

玉置成実さんとポップ チワワ(オス1歳9カ月)

マイペースでも
優しさは人一倍

 キリリとしたまゆ毛?がキュートでりりしい。玉置成実さんの愛犬・ポップ。撮影中は、静かにカメラ目線でリクエストに応えてくれた。周りに動じない雰囲気は、小型犬チワワとは思えないほど、なかなかの大物ぶりだ。

 「こんなにおとなしいのは、さっきまで寝ていたので、ボーっとしているのかも。もしかすると、猫をかぶっているのかもしれません。家ではやんちゃなんです」

 1年半前、ペットショップでポップに一目惚(ぼ)れしたという。でも、いわゆる、目と目とが合ったわけではない。

 「寝ているチワワがいて、気になって見ていたら、目を開けて、だるそーに私を見たんです。おとなしかったし、なんとなく、この子は大丈夫!って」と、ポップのマイペースさが玉置さんの感性にピッと触れたようだ。

 今ははっきりとまゆ毛のように見える白い毛が、子犬のころは「丸い形で周囲の黒い毛とも境目がなかった」というから、ちょっとびっくり。

 和歌山の実家には、子どもの時から一緒だったヨークシャーテリアのおじいさん・クータと、4匹の猫がいる。14歳から一人暮らしをしている玉置さんのところに、念願のペットがやってきた。

 ポップはトイレのしつけこそ大変だったが、やんちゃと言いつつも、飼い主を困らせる大事件も起こさず、マイペースを保っている。

 夜も玉置さんと寝ることもあれば、ケージでおとなしく寝たりもする。よそに泊まるときも、あっさりバイバイらしい。

 「帰ってきたときはうれしそうなんですけどね。わたしはおしゃべりで、イヤなことがあると、ポップに話すんですけど、逃げられます。でも、へこんだときは、何も言わなくても寄ってきて、顔をペロペロしてくれるんです。わかるみたいですね。話せたら、いいですよね」

 今、玉置さんはミュージカル出演3作目となる「オール・シュック・アップ」(10月東京・大阪、11月名古屋)に出演するため、忙しい日々を送っている。気分転換はポップとの夜の散歩だ。それに、家でもよく歌う。

 「歌っている私をポップはソファの上でじっと見てますが、長くなると、もしもし遊んでよ、という感じで足をかかれますね」と笑う。

 ポップはただ今、かわいいお嫁さん募集中。「女の子らしい白いチワワで、いい子いませんか」と玉置さん。

 ポップが子犬のころの洋服もしっかりとってある。近い将来、お下がりを着たポップ2世たちが走り回るかも。

 (文・星川きよみ、写真・高嶋ちぐさ)