ペット大好き!情報
「3匹は私の娘みたいなもの」と語るカイヤさん=自宅の庭で
「3匹は私の娘みたいなもの」と語るカイヤさん=自宅の庭で
プロフィール

 米イリノイ州生まれ。モデルの仕事で来日し、バラエティー番組などでマルチタレントとして活躍中。最近はジュエリーデザインも手がける。公式ブログは「カイヤブログ」で検索。

カイヤさんとロー・ウエンズデー・マリブ トイプードル(メス1歳半)ボストンテリア(メス1歳半)ジャーマンシェパード(メス6ヶ月)

仲良し3匹に
人の介入不要

 カイヤさんの一日は早朝、自宅近くの公園かドッグランに三匹の愛犬を連れていくことから始まる。週末には三匹と河川敷か海岸へも。これが365日。さぞや大変だろうと質問すると、「いえ、おかげで、人生が変わりました。楽しくて、楽しくて-」と笑う。

 小型犬二匹、大型犬一匹。それぞれ個性豊か。カイヤさんに紹介してもらった。

 まずトイプードルのロー。一昨年のクリスマス、長男がプレゼントに子犬がほしいというので、ペット店に行ったら、長男が一目で気に入り、自分の貯金を足して迎え入れた。名前は長男が好きなプロレス団体「WWEロー・スマックダウン」の名を取ってロースマックダウンと名付けた。短く呼ぶ際はロー。性格はやや強気が目立ち、目下のボス的な存在だという。

 ローを見た長女が「私も子犬がほしい」と言いだし、ペット店で頭にハートの模様があるボストンテリアを見つけた。皮膚病にかかっていて、店員は「一生治らないかも」と説明した。それでも長女はこの子がいいと選んだ。

 自宅に連れて帰ってみると、あら不思議、抜け毛は収まり病気は一週間で治った。「わが家でのびのびできて、ストレスがなくなったんでしょうね」とカイヤさん。

 長女は好きな映画の登場人物からウエンズデーフライデー(直訳すれば水曜日金曜日)と名前をつけた。呼ぶ際はウエンズデー。性格はおとなしく平和的、寝る時は自分専用の枕でないと寝ない。

 三匹目はカイヤさん自身が約半年前、防犯のため番犬がほしいなあと、ジャーマンシェパードを迎えた。名前はカイヤさんが好きな米カリフォルニア州のマリブビーチからとってマリブ。性格はおとなしく、お利口さんという。公園などでは他の人や犬に対し、とてもフレンドリーに接して-と話は尽きない。

 三匹は仲がよい。いつも一緒。のびのびと過ごす。だから、リビングルームはとてもにぎやか。

 マリブとウエンズデーが、犬用のおもちゃを取り合ってじゃれあう。大きなマリブにもウエンズデーは負けていない。時々うなり声も聞こえ、本気モードのレスリング!?とめなくていいのかなあ。でも、ローとカイヤさんはソファに座って、にこやかに見ている。

 「大丈夫。犬同士、コミュニケーションができて、互いにわかっているから、自由にさせているの。人間はできるだけ介入しないほうがいいのよ」。それは人間同士にも通じたりして。カイヤさん流の子育て哲学なのだろう。

 (文・草間俊介、写真・梅津忠之)