ペットピックアップ情報

ポスターで印象づけ
「動物愛護法」啓もう

 環境省は「動物の遺棄・虐待は犯罪」であることを訴えるポスターを作製した。全国の自治体に9万枚配布する。

 2000年施行の「動物愛護法」(動物の愛護及び管理に関する法律)では、犬や猫などの愛護動物をみだりに殺したり、虐待したりした者は1年以下の懲役、または100万円以下の罰金。食べ物や水をやらずに衰弱させたり、捨てたりした場合は50万円以下の罰金(05年改正)と定められている。

 しかし、この法律はまだ一般に浸透しておらず、いまだに安易にペットを捨てたり、不適切な飼育で衰弱させたりする事例が後をたたない。

 そのため、ポスターは強い調子で「動物の遺棄・虐待は犯罪です」と訴え、インパクトの強いデザインにしたという。

(2009年3月2日)

第11回人と動物の共生を考える公開セミナー
人と動物が幸せに暮らすために-犬のしつけ
 21日午後1時半-同4時45分、津市の三重県総合文化センター。参加無料。犬のしつけについて日本獣医生命科学大の水越美奈さんの講演など。定員140人、事前申し込み不要、直接会場へ。ペット同伴入場不可。日本愛玩動物協会(電)03・3355・7855。