ペットピックアップ情報

狂犬病の予防注射 ちゃんとしてますか

 あなたの犬は、狂犬病予防注射をしていますか? 厚生労働省の発表によると、2007年度の全国の狂犬病の予防注射率は、前年度より1.6%増加の75.6%になった。ただし、これは登録犬数を基にした比率。登録されている犬は飼い犬の半分といわれ、実際の接種率はかなり低いと専門家は見ている。

 都道府県別にみると、狂犬病予防注射の注射率が最も高かったのは長野県(95.5%)。一番低いのは、沖縄県(52%)で、地域によって大きな差が出た。

 犬の登録数も前年度より約10万匹増加し、全国で673万9716匹に。都道府県別では愛知県が45万8224匹でトップ。次が東京都の45万4673匹で、以下、神奈川、埼玉県が続く。

 一方、民間の調査では、全国の犬の飼育数は約1250万匹となり、半数近くが未登録とみられる。

 犬の登録と狂犬病予防注射率を上げるため、東京都新宿区などは独自のデザインの鑑札や注射済み票をつくり、飼い主に注意を喚起している。

(2009年1月5日)

新刊「駅長マロン」(講談社MouRa編集部編、1050円)
写真
 IGRいわて銀河鉄道・奥中山高原駅の名誉駅長、マロンの活躍を紹介する写真集。委託駅員の飼い犬だったヨークシャーテリアのマロン(8歳オス)は昨年6月、名誉駅長に就任し、同駅のアイドルとなっている。高原の緑も美しい。