ペット大好き!情報
今井優子さんとミケ
今井さんになでられて気持ちよさそうなミケ。「近所のみなさんにかわいがられています」と今井さん=東京都渋谷区で
プロフィール

いまい・ゆうこ 東京都生まれ。1987年、アルバムデビュー、後にシンガー・ソングライターとして活動。代表作に「DISCLOSE」など。最新作は「I Wish…」。

今井優子さんとミケ 猫(メス推定4歳)

猫で広がった
地域交流の輪

 東京都渋谷区の住宅街。今井優子さんの家の前に、いつも気持ちよさそうに昼寝している三毛猫がいる。地域猫の「ミケ」だ。

 ふかふかのクッション敷きのしゃれたベッドがおきまりの居場所。そこでくつろぐ愛らしい姿で、町のちょっとした有名猫になっている。

 「ミケは私がここに越してくる前から町にいたんですよ。みんなにかわいがられています」と今井さん。

 なでようと手を伸ばすと、「ニャニャ」と小さく鳴いて、ほおをすりよせてくる。人なつこいのも人気の理由らしい。

 シンガー・ソングライターの今井さんは、実家でたくさんの猫に囲まれて暮らしてきた。母が近所の野良猫の世話をしているからだ。

 3年前、この家に越してきて間もなく、ミケと出会った。ミケは幼い子猫3匹を連れ、餌をくれる人もなく、途方に暮れていた。

 「地域猫として世話してやりたいと思いました。でも越してきたばかりで、近所付き合いもない。区内の地域猫団体に相談すると、近所の動物病院や地域猫ボランティアさんを紹介してくれました」

 ミケは不妊手術をし、子猫の1匹は今井さんの飼い猫になった。他の子猫は人になつかず外で暮らしていたが、やがて姿が見えなくなってしまった。だがミケは、すっかり近所に定着した。今井さんのほか2軒が、ミケの寝場所を提供したり、面倒を見てくれる。

 ミケをきっかけに、ミケの友達猫「チィー」、子猫の父猫「ドン」、ミケのきょうだい猫「マミ」なども地域猫となり、活動の輪が広がった。「こんなに地域で交流が深まると思いませんでした。猫のおかげですね」と今井さん。

 ミケの毎日はいたって平和だ。毎日昼ごろ、数10メートルを気ままに散歩。その後、今井さん宅の前のベッドで、午後の日差しをあびながら昼寝。夜は、今井さんの敷地内に設置された暖かい猫小屋へ移動するので冬も安心だ。小屋の横には猫トイレも設置され、至れり尽くせり。この快適さに、チィーやドンもよく泊まりにくる。

 今井さんは今年、ペットロスを癒やす歌「ボクが傍にいるから…」を音楽仲間でつくり、ネット上で発表した。透き通る声で優しく歌いあげるこの歌が、ラジオ番組で取り上げられるなど静かな反響を呼んでいる。

 「うちにも天国にいった猫がいます。同じ悲しみを持つ人の慰めになってほしい。そして動物の存在が、人にも町にも大切なことを知ってほしい」と今井さん。

 「ボクが傍にいるから…」は今井さんのブログ「猫とボサノヴァ」で試聴できる。

 (文・宮晶子、写真・石橋克郎)