ペット大好き!情報
堀越のりさんとつな
落ち着いた表情のつな。「マイペースですが、夜は私にくっついて寝ます」と堀越さん
プロフィール

ほりこし・のり 1982年生まれ。千葉県出身。NHK教育「趣味悠々」のほか、バラエティー番組などに幅広く出演。プロのネイリストとしても活躍中。

堀越のりさんとつな チワワ(メス1歳)

運命的に出会った
マイペースな妖精

 堀越のりさんの愛犬「つな」は、人気のチワワ犬。まだ若いのに、はしゃぐこともなく落ち着いている。

 「実家にはゴールデンレトリバーがいたんですが、自分で飼うなら、小型犬がいいと思ってずっと探していました。なかなかこれだという犬に出会えず、あきらめかけていた時に見つけたのが、つなです」と堀越さん。

 ペットショップにいたつなには、他の犬にはない独特の雰囲気があったという。つなのほうも堀越さんを見て、「出会うべき飼い主が来た!!」と感じたように見えたとか。ツナ缶が好きな子犬だったので、つなと命名した。

 「後になって分かったんですが、つなは私に似て、性格があまのじゃくなんですね。だからピンときたのかも」

 というのも、つなはあまり犬らしくない。第1に、果物が大好き。「家族が果物を食べていると、少しずつもらって歩き、秋の味覚全制覇、なんてしちゃう」

 第2に、おもちゃに興味を示さず、ほえもせず、散歩もきらい。

 「今までほえたのは1、2回かな。外でも犬や鳥に反応しない。家の中で人間相手に、知的なプレーをして楽しむんです。たとえば、たたんでおいた洗濯物の一番下の物を取ってくずし、家族があわてるのを見て喜んでいます」

 第3に、寝てばかりいる。「最長で2日間寝ていたことも。別に具合が悪いわけではなく、ごはんを食べる時には起きてきて、また寝る。ふだんの昼間もたいてい寝ていて、帰宅すると、毛に寝癖をつけて出迎えにきます」

 こんな一風変わったつなに、ちょっと心配になった堀越さんは、犬と心の会話ができるというトレーナーに、つなの気持ちを聞いてもらった。するとつなは、「自分は犬ではない。人間でもない。妖精みたいなものです」と言ったとか。

 「なるほど妖精かと。まあ別に犬っぽくなくてもいいのかなと。私にこびたりしないけれど、雷が鳴れば一目散に私のところに逃げてくるし、頼られてるのは分かりますから」

 この秋、全国公演中のミュージカル「不思議の国のアリスのマッチ売り」に出演している堀越さん。夜はつなと近くの広場に行き、振り付けや発声練習をすることも。

 「私が練習している間、つなはひとりで遊んでいます。お互い好きなことやって過ごせる相手、昔から一緒にいる仲間のような不思議な感じですね」

 ほんとやっぱり妖精なのかも。

 (文・宮晶子、写真・朝倉豊)