ペット大好き!情報
安田美沙子さんとはんな
トイプードルのようなはんな。「ビション・フリーゼに見えなくて、間違われることも」と笑う安田さん=東京都港区で
プロフィール

やすだ・みさこ タレント。1982年生まれ。京都府出身。グラビアモデルでデビュー、現在、女優業も。TBS系テレビ番組「月光音楽団」に出演中。

安田美沙子さんとはんな ビション・フリーゼ(メス1歳9カ月)

やんちゃだけど
触れれば一体感

 安田美沙子さんの愛犬はんなは、元気いっぱいのやんちゃ盛り。散歩の途中で出会う大きな犬やノラ猫たちにも興味津々で近づいていく。

 「とにかく、みんなに愛想を振りまくんですね。ノラ猫たちがよくいる場所があって、猫がフーって、怒っているのに近づいていくんです。いない時は、垣根の中に首を突っ込んで探したりする。やめなよ、ひっかかれるよ、って止めるんですけど」と笑う。

 去年の春、はんなはやって来た。ブリーダーをしている友達のお姉さんから「元気なこの子はどうですか」と携帯に連絡が入った。

 「かわいくて、写メ(写真付きメール)だけで決めました。茶色のトイプードルがほしかったんですが、ビション・フリーゼを調べてみたら、陽気で明るいって分かって。25歳になったら、犬を飼おうと決めていたんです」。5年前から一人暮らしをしている安田さんにとって、動物を飼う責任の取れる年齢は二十五歳だったという。

 安田さんは京都府出身で、「はんな」は京都の言葉「はんなり」から。おっとりしていて、それでいて華やかな女の子に育ってほしいと名付けたが、なかなか思う通りにはならなかったようだ。

 「犬ってこんなにやんちゃなのって思いました。男の子みたい。トイレもなかなか覚えなかったし、外に出ると言うことをきかなくて。待てって言っても待たないし、リードをちゃんとしめていない時は、バーッと遠くまで逃げちゃうし、本当に大変でした」

 そんなしつけに困った安田さんに犬のしつけをするテレビ番組の出演依頼があった。

 「1日だけでしたけど、トレーナーの方に教わって、アイコンタクトがちゃんとできるようになったんです。私の目を見て、じっと待つということもできました。うれしかったですね。こんなこともできた-と、涙がでました」

 実家では、7年前からボーダー・コリーのリッキーがいる。「犬が来て、照れ屋で無口な父が明るくなったんです。私の友達と話をしたり、リッキーになりすまして、私を心配するメールをくれたりするようになりました」

 安田さんははんなに触れていると一体感を感じるという。「大変なこともあるけど、今は面倒くさいと思わないで、何でもできます。元気な方がいいですね。子どもができたらこんな気持ちなのかな」

 離れて暮らす父と娘は、愛犬たちのおかげで、少し近づいたようだ。

(文・星川きよみ、写真・藤原進一)