ペットピックアップ情報

犬24歳、猫は30歳 長寿傾向、明らかに

 日本の最高齢犬は24、猫はなんと30歳! ペットフード製造・販売の「日本ヒルズ・コルゲート」(東京都江東区)が全国の獣医師に高齢ペットの調査をしたところ、日本の犬猫の長寿ぶりが明らかになった。

 小中型犬の最高齢24歳は、東京都の雑種のメス。人間の年齢に換算すると、112歳になる。2位は22歳で、種類は雑種2匹とマルチーズ1匹。21歳になると全国で10匹の報告があり、うち6匹は雑種だった。

 大型犬の最高齢は19歳のハスキー。2位の17歳の2匹もハスキーだった。

 猫の最高齢30歳は、岩手県の雑種オス。人間でいうと136歳と驚異的。2位は26歳で、3匹いる。高齢でも元気な猫もいるようで、「22歳でセミを捕っている」「23歳でも永久歯が数本残っている」といった報告もあった。

 また、それぞれ高齢の猫、犬のかかりやすい病気について、猫は腎疾患、小中型犬は心疾患、大型犬は腫瘍(しゅよう)という報告が目立った。

 犬猫の年齢を人間の年へ換算する方法は、小中型犬と猫は、最初の2年で24歳、あとは1年ごとに4歳。大型犬は、最初の1年で12歳、あとは1年ごとに7歳加えるという。

 (2008年10月8日)

企画展「犬と暮らす家」
 10月28日までの午前10時半-午後7時。東京都新宿区の「リビングデザインセンターOZONE(オゾン)」で。入場無料。石川淳さん、梅村雅英さんら5人の建築家による事例を模型などで紹介。25日は建築家のトークセミナーも。HPは「リビングデザインセンターOZONE」で検索可。(電)03-5322-6500。