ペット大好き!情報
大谷昭宏さんとプル
3代目プルは奥さんにべったりだが、「それでもかわいいですよ」と大谷さん=大阪府豊中市で
プロフィール

おおたに・あきひろ 1945年生まれ。東京都出身。早稲田大卒業後、全国紙の名物記者として活躍。その後ジャーナリストの故黒田清氏と事務所を設立。現在は個人事務所で硬派のジャーナリスト、コメンテーターとして活躍中。近著に宮崎学氏との共著『法か、掟(おきて)か』文庫版。

大谷昭宏さんとプル トイプードル(オス 3歳)

犬と暮らす人生
至上の幸せ実感

 大谷さんにとって「白いプードル」はもう3代目になる。

 最初のプードルは、30数年前、大谷さんが新聞の社会部記者をしていたころだった。

 「夜回りをしていた車に、ぴょんと飛び乗ってきたんです。迷い犬だと思ったので、ずいぶん飼い主を探したんですが見つからず、うちで飼うことになりました」

 これが初代プルちゃんだが、すでに若くはなく、がんも患っていた。治療のかいなく、1年足らずで死んでしまった。

 「まさに紳士のような犬で、亡くなった時はがっくりきました。その命日を、いまも銀行の暗証番号にしているんですよ」と、こっそり明かす。

 その後、15年ほど初代の墓参りをして過ごしていた大谷夫妻。次に選んだのは、やはり白いプードルだった。

 「2代目プルちゃんは、16歳まで生きてくれました。プルと暮らしたおかげでいろんなことを経験しましたね。たとえば住まい。当時、ペット禁止のマンションに住んでいたので、私が理事長になり、規約をペット可に変えたんです。そういうマンションはまだ珍しかったんですよ」

 晩年のプルは心臓病、白内障などいろいろな病気をかかえたが、体の衰えにあらがうことなく、静かに老いていった。

 「犬と暮らすと、短期間に生というものを見ることができる。プルを見ていて、ああ自分もあんなふうに老いを受け入れていけばいいんだと。手本を見せてくれたようでした」

 プルは、大谷さんが中越地震の取材に出かけていたとき、天国へ旅立った。

 「死ぬときは家族3人一緒だよとあれほどいっていたのにね。でも獣医さんも最期まで丁寧に診てくれたし、後悔はありません」

 そして現在は3代目。姿は似ていても、性格は繊細な2代目と「まったく違う」、やんちゃ坊主だ。

 「前のはサッカー遊びをするとき、キーパー役をしてくれた。でも今のプルは自分でボールをけっていってしまう。僕が週の半分東京にいる間、プルは妻と蜜月生活を送っています。で、僕が帰宅すると『おれんちに何しに来たんだ?』という顔」

 そんな犬でも、大谷さんは溺愛(できあい)ぶりを隠さない。夫妻には子どもがいないせいか、愛犬の前では、お互いをパパ、ママではなく、「お兄ちゃん、お姉ちゃん」と呼んでいるという。

 「犬という動物に出会えただけで、私の人生は十分に意味があった。犬と暮らす幸せに比べたら、それ以外の仕事とか人間関係は尾ひれのようなもの。だから仕事も楽な気分でできますよ」

 夫妻は将来、歴代の犬たちと一緒のお墓に入ることを決めている。

(文・宮晶子)