ペットピックアップ情報
写真

盲導犬応援できる
携帯サイトを開設

 (財)日本盲導犬協会(本部・東京都渋谷区)は、携帯電話で手軽に盲導犬のことを知り、楽しみながら応援できるモバイルサイトを1日、立ち上げた。

 サイトの主役は待ち受け画面募金。500円でオリジナル待ち受け画面をダウンロードすることにより、手軽に寄付できるようになっている。画面は毎月、更新される。

 また、「盲導犬ってどんな犬?」「街で目の不自由な人や盲導犬を見かけたときのマナー」「盲導犬訓練士学校紹介」などのコンテンツを掲載。また、賛助会員制度、繁殖犬飼育・引退犬飼育などのボランティア、さらにチャリティーグッズ販売コーナーなど、盛りだくさんの内容だ。

 同協会は、年間50頭の盲導犬を育成しているが、その活動は、寄付・募金・ボランティアに支えられており、「ケータイから募金という、新しい社会貢献の形を広めたい」としている。

 日本盲導犬協会モバイルサイトは、 http://www.m-moudouken.net

 (2008年3月12日)

ペット飼育費10万円超
 ペット共済大手のアニコムの関連会社「アニコム パフェ」がペット飼育者約1100人にアンケートしたところ、飼育費が年間10万円以上かかると回答した人が49%を占めた。一番かかる費用との質問には、えさ代の47%で、以下、治療費14%、カット・トリミング代13%と続く。トイプードルの飼い主では72%がカット・トリミング代だった。