オピ・リーナ×サラリーマン=こちらオピリーマン。ごく普通のサラリーマン、仕事が終わればオピリーマン。恋愛、仕事、家庭・・・今夜も本音をぶっちゃけて、明日は明日の風が吹く

過去の本音トークはこちら

vol.42 オピリーマンにあれこれ質問(32)
学歴の高い女性との恋愛や結婚はどう思われますか?

 今回は、羨ましいような羨ましくないような・・・お悩みです。

Q.学歴の高い女性との恋愛や結婚はどう思われますか?ちなみに私は某有名国立大の出身です。全くモテないので悲しいです・・・。(ハンナ 25歳)

* * * * * * * *

新  婚 「近寄りがたいってイメージなんですかね?」
係  長 「係長は大歓迎だよ!」
一  同 「おぉーーーー!」
係  長 「終わり」
一  同 (笑)
ムッシュ 「その理由は?」
係  長 「基本は、その子の“SOUL”、心を愛するからね。学歴が高いとかどうとか、ちょっと毛深かろうが、全く関係ない」
Tシャツ 「おバカキャラでもOK?」
係  長 「そうだね。法に触れるような悪さをしなければ」
新  婚 「法に触れるって・・・笑」
チェリ男 「さすが係長っすね」
イケメン 「割り算や掛け算が出来ないレベルはちょっとね・・・」
ソムリエ 「むしろ、女性側が抱くコンプレックスなんでしょうか」
イケメン 「自分の学歴に相当自信を持っている人ほど、そう思うんでしょうね~」
チェリ男 「自分の奥さんの学歴が高いと、賢いだけに、仕事の悩みとか色々と相談に乗ってもらったり出来て逆にいいって、調べたら書いてありましたよ、ヤホーで」
係  長 「またヤホーか!」
ムッシュ 「調べすぎ・・・」
ソムリエ 「逆に、今の時代、相手に稼いでもらい、主婦力がある男性ってのもありですよね」
係  長 「ありあり!係長なのに主婦。専業主婦なのに係長とかね」
一  同 (爆笑)

* * * * * * * *

係  長 「でも、主婦業って良くない?」
新  婚 「そうですかねぇ・・・」
イケメン 「うーーーん」
係  長 「おかえり~♪お湯沸かしておいたからね~、今日はラベンダーの香りだよ~。一緒に入る?え?疲れてる??じゃあマッサージしてあげようか」
一  同 (爆笑)
ソムリエ 「奥さん、至れり尽くせりですね」
係  長 「帰ってきたら、シッポ振りながらまわりをクルクル回って。え?もう寝ちゃうの?じゃあ僕も一緒に寝るよ」
一  同 (失笑)
イケメン 「忠実ですね」
係  長 「ということで、むしろ大歓迎の、主婦・係長でした」
Tシャツ 「僕は、学歴が低いよりは高い方がいいですね。頭のいい女性が好きってわけではなくて、理解力が少ない相手って大変だと思うから」
ムッシュ 「僕も、学歴が高い分には歓迎です」
係  長 「俺は好きだけどな~。バカな子も」
新  婚 「係長は誰でもいいんじゃないですか?」
係  長 「うるさいお前!」
Tシャツ 「でも逆に、相手が賢すぎると、自分が向こうの言ってることを理解できなかったりするかしら・・・」
係  長 「その時はさ、とにかくクルクル回っとけばいいんだよ」
ムッシュ 「完全に忠犬ですね・・・」
一  同 (爆笑)

* * * * * * * *

新  婚 「頭のいい女性や、論理的な考え方が出来る女性って、僕は好きですね」
Tシャツ 「論理的って・・・笑」
新  婚 「そういう女性を好きになる男って、おそらく割と控えめなことが多いので、ハンナさんご自身が気付いていないだけでは?」
一  同 (笑)
係  長 「お前、なに問いかけてるんだ?」
新  婚 「なんでですか~、まともじゃないですかぁ」
係  長 「はい、次ソムリエ!」
新  婚 「ちょっとー!」
ソムリエ 「えっと、ハンナさんは、学歴が高いがゆえに、全くモテないというお悩みのようで・・・」
チェリ男 「DJみたいっすね」
ソムリエ 「学歴ですか。自分の方が過剰に気にしているんでしょうね。だから、あえて学歴が同じぐらいの人や、もしくは自分より上を選んだ方が、最終的にはいい結果になるんじゃないかなぁと」
一  同 (笑)
ムッシュ 「ソムリエは相手の学歴を気にする?」
ソムリエ 「気にしないですね」
Tシャツ 「おバカさんでも?」
ソムリエ 「むしろ、女性の方が男性の学歴を気にしそうですよね。自分の子どもの遺伝子を・・・とか、お金稼ぐかどうかってところで」
イケメン 「あ~、それ分かる」
ソムリエ 「僕はモテるタイプじゃないんで、モテる人に意見を仰いだ方がいいのでは?イケメンとかに」
一  同 (爆笑)
係  長 「おいおい、そんなこと言っちゃったらねぇ・・・笑」
チェリ男 「俺ら、何も答えられなくなっちゃいますよ」

* * * * * * * *

チェリ男 「こんにちは、チェリ男改め、リュージュです」
一  同 (爆笑)
チェリ男 「えー、学歴が高かろうが低かろうが、男性遍歴だとか還暦だとか“そんなの関係ねぇ”ですね」
Tシャツ 「還暦って・・・笑」
イケメン 「そうだったのか・・・チェリ男・・・」
チェリ男 「ずばり言っちゃうと・・・ハンナは・・・」
係  長 「本当は、可愛くてスタイルが良ければいいんだろ?」
チェリ男 「そうっすね♪」
一  同 (爆笑)
係  長 「お前、最低!」
チェリ男 「確かに僕も、ちょっとおバカだな~って子の方が好きですけどね」
Tシャツ 「そういう子、疲れる・・・」
チェリ男 「ハンナさんは、某有名国立大に入るほどの女性で、完全に自立しちゃってるから、自分から男性を求めてないんじゃないんっすかね?」
ムッシュ 「たまにはいいこと言うね!」
チェリ男 「とりあえず、今のハンナさんには“知力よりも恋愛力”を身につけてほしいかな~って」
一  同 「おぉーーー!」
係  長 「恋愛力、いいこと言うじゃん」
チェリ男 「どうもご静聴、ありがとうございました」
新  婚 「あの・・・ツバ垂れてますよ・・・」
一  同 (爆笑)
係  長 「お前は口が緩いんだよ!ちゃんとシメろよ!」
Tシャツ 「あーあ、せっかく格好よくシメたのに・・・」
ムッシュ 「まだイケメンに聞いてないよね」
チェリ男 「そうだ、イケメンさん、ビシっとお願いします!」
イケメン 「僕は、学歴はどっちでもいいです。五体満足で、人として頭が良ければ」
係  長 「また格好いいこと言うんだから~」
ソムリエ 「でも、人として頭が良いってポイントだよね」
イケメン 「要領のいい人の方が、うまく生きていけますしね」

 そんなイケメンさんだからこそ、女性にモテるんですね、さすが!他のオピリーマンたち、見習ってください。知力も大事ですが、恋愛力も身につけましょうね!それでは、次回も乞うご期待☆

◎オピリーマンにぜひ聞いてみたいこと募集中◎

 恋愛・結婚ネタはもちろん、オピリーマンをはじめとする男性に対する質問や疑問、オトコってばどうしていつもこうなの?!の愚痴など、何でもOK。採用させていただいた方にはもれなく『 QUOカード 500円分 』を差し上げちゃいます。たくさんのご応募、お待ちしています!なお、ご応募は こちらに 必要事項をご記入の上、 「お問い合わせ内容」へ質問を書いて送ってくださいね。