オピ・リーナ×サラリーマン=こちらオピリーマン。ごく普通のサラリーマン、仕事が終わればオピリーマン。恋愛、仕事、家庭・・・今夜も本音をぶっちゃけて、明日は明日の風が吹く

過去の本音トークはこちら

vol.36 オピリーマンにあれこれ質問(26)
余命あと1日!!と宣言されたら、どうしますか?

 今回は、こんなテーマが寄せられました。死とどう向き合って何を語るのか?!さあ、そんな彼らの発言にご注目を☆

Q.余命あと1日!!と宣言されたら、どうしますか?(輝 25歳)

チェリ男 「えぇっ!たった1日なんて・・・心構えが」
ムッシュ 「もっと早く言ってもらわないと困りますよね」
係  長 「この質問、俺たちだからって、軽視されてないか?」
一  同 「・・・・・・」
ソムリエ 「僕は、まず幼稚園に行きますね」
一  同 「???」
ソムリエ 「自分が出身の幼稚園→小学校→中学校→高校の順に回ろうかなと」
新  婚 「リアル走馬灯ですね」
イケメン 「全部回るの、かなり時間がかかりそうだよね?」
ソムリエ 「いや、全て地元だから可能かと。それに、たった1日だと何か新しいことするには時間がなさすぎるので、とりあえずは過去を振り返ってみようと思って」
係  長 「うーん、やっぱり1日は短い!怒」
Tシャツ 「ほんとですよ・・・」
ソムリエ 「で、最後は部屋の片付けをして・・・」
一  同 (笑)
ソムリエ 「遺言状をちゃんと書いて終了」
係  長 「でも、片付けって大事だぞ」
Tシャツ 「やばいもの、結構あったりします?」
係  長 「もちろん。親が見たら、泣くに泣けないようなブツがわんさか出てきちゃう・・・」
一  同 (爆笑)
ソムリエ 「ま、こんな感じですかね。計23時間で全部終わらせて、あと1時間はその時を静かに待つ」
ムッシュ 「計画的ですね」

* * * * * * * *

イケメン 「天丼の大盛りが食べたい!」
一  同 (笑)
イケメン 「天丼大好きなんですよ」
ソムリエ 「確かに、美味しいものは食べたいね」
ムッシュ 「でも、ソムリエのタイムスケジュールだと、美味しいもの食べる時間がないね」
ソムリエ 「ないなぁ・・・」
一  同 (爆笑)
Tシャツ 「学校で給食でも食べるとか」
新  婚 「帰りによく寄った駄菓子屋へ顔を出すとか」
係  長 「やっぱり、最後は何か食べたいよな~」
Tシャツ 「僕は酒ですね。酒を飲んでいたい」
一  同 (笑)
ソムリエ 「酒、いいね!僕もロマネコンティとか」
Tシャツ 「普段は絶対に飲めない、超高級ブランデーがいい」
係  長 「ブランデーグラスを傾けながら、膝のペルシャ猫をナデナデして」
Tシャツ 「僕、猫アレルギーなんですよ・・・」
一  同 (爆笑)
係  長 「ダメじゃん!」
チェリ男 「じゃ、ペルシャっぽいぬいぐるみで」
Tシャツ 「でもたぶん、友達を集めて賑やかに飲みますね~。そして最後はしんみり」
係  長 「まあ、金はパーッと使いたいけど、たった1日じゃ使い切れないしな・・・」

* * * * * * * *

ムッシュ 「最後の晩餐は、フランスの三ツ星とか四ツ星の高級フレンチを食したい」
イケメン 「さすがムッシュ!」
ムッシュ 「そして、フランスで死にます。もう帰ってきません」
一  同 「おぉーーーっ」
Tシャツ 「帰りのチケットは持たずに・・・ってやつですか」
ムッシュ 「そう。そして最後はエッフェル塔から飛び降りちゃったりして」
一  同 (笑)
チェリ男 「それ、世界的ニュースっすよ!」
係  長 「今のところのキーワードは、走馬灯、ご飯、旅・・・か」
新  婚 「そうですねぇ、僕は・・・」
Tシャツ 「パジャマパーティとか?」
一  同 (爆笑)
新  婚 「ち、違いますよぉ~!」
係  長 「だってお前、パジャマパーティしてみたいって言ってたじゃん」
ソムリエ 「パジャマパーティで、最後はダブルハッピー」
新  婚 「例えばオーケストラの演奏会とか、感性を刺激するものにずっと浸っていたいです」
一  同 「・・・・・・」
新  婚 「そして演奏が終わり、アンコールも終わって、程よい虚脱感と満足感の中、永久の眠りにつけるといいな・・・」
係  長 「お前、いっつも寒いんだよっ!!」
チェリ男 「毎回、綺麗にまとめようとしすぎっすよ」

* * * * * * * *

ムッシュ 「チェリ男はどうなの?」
チェリ男 「僕は、かなり普通の答えっすけど、美味しいもん食べて、人生を終えたいですかね」
ソムリエ 「うーん、やっぱり食べ物だな~」
チェリ男 「あ、でも人生最後ってなると、僕は高価な料理じゃなくて『たまごかけごはん』や『鳥の唐揚げ』とか、シンプルなものが食べたくなっちゃうかもしんないっす」
一  同 「分かる!」
チェリ男 「でも、ここで“愛する人の手料理”が出てこないところが、悲しいっす・・・」
係  長 「悲しい」
ソムリエ 「同じく」
Tシャツ 「同じく・・・」
イケメン 「僕は、普通と同じように過ごすかもしれないですね、彼女と一緒に。それで、最後は寝て終わる・・・と」
ソムリエ 「相手がいる人はいいよな~」
Tシャツ 「いない僕らは誰と寝れば・・・」
ソムリエ 「1人で普通に過ごしたって、しょせん普通だもん・・・」
ムッシュ 「お母さんと手つないで寝るとかは?笑」
係  長 「絶対やだ。俺なんて、死んでても“コラ!はよ起きて掃除せんかっっ!!”と怒鳴られそう」
一  同 (爆笑)
チェリ男 「係長のお母さんならあり得ますね」
新  婚 「最後の記念に、結婚とかはどうです?」
係  長 「お前、イヤミだぞ!」
ソムリエ 「36年会わなかったのに、この1日だけじゃ絶対に無理だってば・・・」
一  同 (失笑)

* * * * * * * *

ソムリエ 「親には、孫が見たいとは言われますけどね」
係  長 「うちも」
ソムリエ 「でも、1日じゃね・・・」
ムッシュ 「100%不可能ですよ」
一  同 (笑)
係  長 「係長はね、世界の中心で愛を叫んじゃうよ」
イケメン 「オーストラリア?」
係  長 「そう。グランドキャニオン」
一  同 「???」
新  婚 「それを言うならエアーズロックじゃ・・・」
係  長 「あ、そうそう。エアーズロック。あそこでパラパラ~ッと骨を撒かれたいね」
一  同 (失笑)
係  長 「ところで、ソムリエは、最後に 近所の怖い橋 を爆破しておかなくていいの?(← 第33回 参照)」
ソムリエ 「えっ・・・。でも、住民が困っちゃいますから。でも、原付が近付いてくると、本当ビクッとするんですよ」
一  同 (爆笑)

* * * * * * * *

イケメン 「最後に子どもを残すかもしれないですね。でも、逆にそれが辛い目に遭わせることになるかもしれないし・・・」
係  長 「死ぬって分かってるのに残しちゃうのって、どうなんだろうね?」
ソムリエ 「残さない方がいいのかなぁ。お父さんがいないわけだし」
係  長 「いっそ“実はお前のこと大嫌いだったんだ!”と告げ、バレないよう立ち去り、縁の下で孤独死・・・みたいなさ」
Tシャツ 「猫みたいですね」
新  婚 「実際、悩みますよね~」
係  長 「幸せになっちゃうと死ににくくない?俺はまだ生きたいんだ!って」
イケメン 「まだ生きたいと思って死んでいくのも嫌だ」
ソムリエ 「学校って、4~5時間ぐらいで全部回れるかなぁ・・・朝から回るとして・・・」
チェリ男 「さっきの話、まだ続いてるんっすか!」
一  同 (爆笑)
係  長 「でも、部屋の片付けだけで終わっちゃいそう。懐かしい写真見てたら、あっと言う間に1日たつよな」
ムッシュ 「それ、分かります!」
係  長 「教会で祈るとか」
Tシャツ 「クリスチャン?」
係  長 「いや。単にフランダースの犬が浮かんだから・・・」
一  同 (笑)
係  長 「死ぬ時しか絶対できないことをやるのは?ライオンや白クマに抱きつくとか」
ソムリエ 「飛んでみたい。僕、昔から飛ぶ夢をよく見るんですよ」
係  長 「あとは、極悪人を成敗するとか」
イケメン 「それ、人の役に立ちますね」
係  長 「あ、宇宙へ行くのは?」
新  婚 「お金足りませんって」
係  長 「うるさい!最後ぐらいほっとけ!!」

 もっと欲望が前面に出るかと思いきや、意外に落ち着いた発言が多かったオピリーマンたちなのでした。それでは今週はこのへんで。次回も乞うご期待!

◎オピリーマンにぜひ聞いてみたいこと募集中◎

 恋愛・結婚ネタはもちろん、オピリーマンをはじめとする男性に対する質問や疑問、オトコってばどうしていつもこうなの?!の愚痴など、何でもOK。採用させていただいた方にはもれなく『 QUOカード 500円分 』を差し上げちゃいます。たくさんのご応募、お待ちしています!なお、ご応募は こちら に 必要事項をご記入の上、 「お問い合わせ内容」へ質問を書いて送ってくださいね。