オピ・リーナ×サラリーマン=こちらオピリーマン。ごく普通のサラリーマン、仕事が終わればオピリーマン。恋愛、仕事、家庭・・・今夜も本音をぶっちゃけて、明日は明日の風が吹く

過去の本音トークはこちら

Vol.20 オピリーマンにあれこれ質問(10)
好きじゃなくてもまぁまぁ好みの女性に告白されたとしたら、どうしますか?

 なんとこのコーナー、今回で記念すべき(?)20回目を迎えました。果たして50回や100回まで続くのか否か・・・。そんなわけで皆さまの熱い声援、お待ちしております。

Q.好きじゃなくてもまぁまぁ好みの女性に告白されたとしたら、どうしますか?やっぱり付き合っちゃいます?!(ともきゅ 20歳)

●ソムリエの場合
ソムリエ 「その子と知り合った時間によりますね」
ムッシュ 「時間?」
ソムリエ 「友達として付き合ってる期間が長ければ断ります。相手のことをだいたい把握してる上で友達なわけだから」
係  長 「ほぉ・・・」
ソムリエ 「逆に短ければ、今後恋愛対象になるかどうかまだ分からないんで、とりあえず付き合うかもしれない。でも、相手を知らないと付き合えないし・・・」
係  長 「ったく、ソムリエはややこしいな」
チェリ男 「ややこしや~!」
イケメン 「で、結局は?」
ソムリエ 「時間によります」
係  長 「とりあえず、テイスティングしちゃえばいいじゃん、ソムリエなだけに」
ソムリエ 「・・・・・・」
Tシャツ 「ま、しっかり考えて行動してるってことで、ソムリエらしいけど」
新  婚 「誰かさんたちみたいに、ノリと勢いで行動しないってことで」
係  長 「うっ」
チェリ男 「うっ」

●ムッシュの場合
ムッシュ 「“まぁまぁ”だったら、即、付き合ってみます」
Tシャツ 「うんうん」
ムッシュ 「例え“まぁまぁ”でも、好みは好みなので。逆に、付き合ってから相手を知る・・・みたいなのも、あると思います」
係  長 「だよな~、明日のことは分からないもんな」
ムッシュ 「でも今は、ちゃんと彼女がいるんで、そういうことはないです」
チェリ男 「僕だって 言ってみたいな そのセリフ(詠み人 チェリ男)」

●新婚の場合
新  婚 「“まぁまぁ”好みだったら、僕もムッシュさんと同じく、たぶん付き合っちゃいますね」
係  長 「お前もかよっ」
新  婚 「だいたい、“まあまあ好み”の女性から告白された経験なんてないので、もし実際にそんなことがあったら、ちょっと舞い上がっちゃうかも。それこそ妄想のしがいがあるシチュエーションじゃないですか!」
係  長 「あのさ、俺が言うのも何だけど、最近お前、妄想多くない?」
チェリ男 「新婚さん、もしや結婚生活に何か!?」
新  婚 「ななな、何もありませんって!」

●Tシャツの場合
Tシャツ 「付き合います!」
係  長 「おぉー、ズバリ。笑」
Tシャツ 「今ならですよ」
係  長 「ほぉ、なるほど」
Tシャツ 「昔だったら、たぶん付き合わなかったですよ、焦ってる今の状況なら喜んで」
係  長 「それ分かる!ものすごーく分かる。選択肢がだんだん少なくなってきてるからね・・・」
新  婚 「でも“まぁまぁ”好みに告白されたんだから、ある意味ラッキーってことですよねえ」
係  長 「そうなのよ。ラッキーなのよ。昔だったら、俺も“まぁまぁ”レベルだったら断ってたね。もっともっと!って欲張ってたよ」
Tシャツ 「ですよね、まだ可能性があるんじゃないかな?って」
係  長 「そう。だから今に至るんだけどさ・・・」
Tシャツ 「ですよね・・・」

●チェリ男の場合
チェリ男 「好きな人が僕にいれば、基本お断りさせていただきます!」
一  同 「おぉー」
ソムリエ 「チェリ男らしからぬ発言だな」
チェリ男 「ただ、“まぁまぁ”のレベルなんで、もう1~2日待ったら、もっといい子が来るんじゃねぇかな?みたいな」
一  同 (爆笑)
チェリ男 「もしや俺、モテ期に入ってるんじゃねぇかな?とかって考えちゃうと・・・。僕、美味しいものは最後に取っておくタイプなんで」
Tシャツ 「で、結局は何も食べられず後悔?」
チェリ男 「・・・」
係  長 「全然ダメだな・・・」
ムッシュ 「ちなみに、こういう経験はあるの?」
チェリ男 「一切合切ないっすね。そもそも告白されたことがない」
イケメン 「そうなの?いてもおかしくないと思うけどねぇ」
チェリ男 「今の状態、“まぁまぁ”の子でも、面と向かって告白されたら、確実にYES!です」
係  長 「お前、支離滅裂だな」
チェリ男 「えっ。やっぱり、多少は考えてからってことで」
一  同 「・・・」

●イケメンの場合
イケメン 「体験談ですけど・・・」
チェリ男 「体験?!体験って・・・」
イケメン 「昔、その時初めて見た子に告白されたことがあって」
一  同 「えぇーーーーっ」
Tシャツ 「羨ましい・・・」
イケメン 「同じ学校の子だったんですけど、クラスも違ったし校舎も離れてたから、相手の名前も知らなくて」
係  長 「で、どうなったの?」
イケメン 「当時、他に好きな子がいたのでお断りしました」
ムッシュ 「可愛かった?」
イケメン 「うーん、タイプではなかったけど」
一  同 「な~んだ」
イケメン 「で、それとはまた別の機会に・・・」
一  同 「えぇーーーーっ?!」
係  長 「え、今の話はただの自慢かよっ!」
イケメン 「以前、特に好きな子がいなかった時に、知り合いの女の子から、全く予期せぬ告白をされまして。結構可愛かったんです」
一  同 「おぉー!」
イケメン 「とりあえず付き合ってみようかな・・・とOKを出したんだけど、その後すぐに相手から、なんと「実は他に好きな人がいて・・・」って断られて」
ソムリエ 「は?告白してきたくせに?」
新  婚 「イケメンが滑り止めだったわけですか・・・」
イケメン 「でも、僕から好きになったわけでもないので、傷はなかったですよ」
係  長 「確かに。傷は付かないよね」
イケメン 「ということで、過去の経験からしても、自分の気持ちが高まっていない相手との恋愛、僕は無理ですね。絶対続かないです」

●係長の場合
係  長 「100%付き合います!」
係  長 「カラッカラだからって理由もあるんだけどさ、やっぱり“人類みな兄弟”だからね」
一  同 (失笑)
チェリ男 「また意味が分かんないっすよ」
係  長 「“まぁまぁ”好みってことは、もっと好きになるかもしれない。二人で時間をかけ、愛が育むかどうか、頑張ってみるんだよ」
ソムリエ 「育ませすぎちゃったら?」
係  長 「これはマズい!って思ったこともある」
一  同 (爆笑)
係  長 「とにかく、“まぁまぁ”好みであれば、今ならまず付き合うね。昔は、考え方がチェリ男と全く一緒だったけど」
チェリ男 「明日こそ何かあるんじゃないか?と日々思ってます。何もないけど・・・」

 こんなにも愛に飢えているオピリーマン。どなたか、あたたかい手を差し伸べてやってください・・・。次回もこんな彼らに乞うご期待☆

◎告知!オピリーマンにぜひ聞いてみたいこと募集中◎

 恋愛・結婚ネタはもちろん、オピリーマンをはじめとする男性に対する質問や疑問、オトコってばどうしていつもこうなの?!の愚痴など、何でもOKです。採用させていただいた方にはもれなく『 QUOカード 500円分 』を差し上げちゃいます。たくさんのご応募、お待ちしています!なお、ご応募は こちらに 必要事項をご記入の上、「お問い合わせ内容」へ質問を書いて送ってくださいね。