ラジオDJ なりたま の大人女子の音楽ライフ
ラジオDJ なりたま の“大人女子の音楽ライフ”

Archives

なりたま こと 成田真美。ZIP-FMミュージックナビゲーター。野外フェスとロックを愛し、気ままな旅人生を楽しむ独身女子。音楽や映画、ライブを楽しむピースな日々を綴ります。

最近のエントリ

カテゴリ

アーカイブ

<< 前の記事 次の記事 >>

映画「ドリーム」働く女性は必見です!

公開中の映画「ドリーム」。

全米では「ララランド」を上回る興行収入を記録し大ヒット、アカデミー賞では「作品賞」「脚色賞」「助演女優賞」にノミネートされた作品です。

1960年代初頭のアメリカが超大国の威信をかけて推進していた「有人宇宙飛行計画」において活躍した黒人女性3人を描いた実話によるストーリー。


今日のBGM1note Runnin' / Pharrell Williams

https://www.youtube.com/watch?v=9jXQBMNe01c

映画「ドリーム(Hidden Figure)」サウンドトラックから

shineshineshineshineshine



ストーリーは、


ソ連との熾烈(しれつ)な宇宙開発競争を繰り広げているNASAのラングレー研究所には、ロケットの打ち上げに必要不可欠な"計算"を行うために、優秀な頭脳を持つ黒人女性グループがありました。

そのひとり、キャサリンは数学の天才的な実力を見込まれ、宇宙特別研究本部のメンバーに抜擢されるのですが、白人男性だけのオフィス環境は劣悪そのもの。同僚のドロシーとメアリーも、それぞれ理不尽なキャリアの壁に直面することになります。

それでも、仕事と家庭を両立させながら夢を追い求めることを諦めなかった3人は、NASAの歴史的な偉業に携わり、自らの手で新たな扉を開けていくのだった・・・というお話。



ドリーム.jpg




これまでアポロ計画で宇宙に飛び立った宇宙飛行士にスポットライトが当たることはあっても、宇宙開発に携わる人々、ましてや黒人の数学者がいた、ということはほぼ知られていなかったですよね。



この映画、偉人を描いた歴史ものということになるんですが、重くならないのは、なんといってもファレル・ウィリアムスによる音楽、この貢献度は大きいですね。

ひっきりなしに、軽快でお洒落なサウンドが聴こえてきて、ずっと体でリズムとりながら見られる映画になっています。


映画のサウンド・トラックはファレルが手がけた楽曲ばかりで、アリシア・キーズやメアリーJブライジなどが参加しているんですけど、「今日のBGM1」の"Runnin"っていう曲は、キャサリンが直面する問題のシーンで使われます。走るってことなんですけど、なぜ走らなきゃいけないのかがポイントですね。


それ以外で使われるいる音楽も素晴らしくて、エルヴィス・プレスリーが憧れて聴いていたR&Bシンガーのワイノニー・ハリスや、レイ・チャールズ、スモーキー・ロビンソンなどなど、、ぜひ音楽でも楽しんでくださいね。



この映画の魅力は、もうひとつ。

これまでも、黒人の歴史を変える出来事を題材にした映画ってたくさんあったんですが、この映画の舞台になっているNASAは、当時白人社会だったわけです。

ということは、黒人が活躍するためには、白人の協力なくしてできないわけです。


主人公キャサリンの上司で、宇宙開発の研究本部のトップに立つ白人男性役がケビン・コスナーなんですけど、、いい役なんですよ~。

で、キルスティン・ダンストも黒人女性グループに仕事の伝達にくる白人女性役で出てくるんですけど、こちらはあくまで冷静な役で、、そのあたりのいいところも悪いところも出しつつ、白人の人たちへのリスペクトもきちんと描かれていて、いい意味でアメリカの白人たちにも好印象だろうなぁと思いました。


がんばる女子にぜひ見てほしいですhappy01



今日のBGM2note Surrender / Lalah Hathaway, Pharrell Williams

https://www.youtube.com/watch?v=KigJldEPJyY&list=RD9jXQBMNe01c&index=5

この曲も素敵ですopicon_kirakira1





<< 前の記事 次の記事 >>
コメント

コメントを投稿