ラジオDJ なりたま の大人女子の音楽ライフ
ラジオDJ なりたま の“大人女子の音楽ライフ”

Archives

なりたま こと 成田真美。ZIP-FMミュージックナビゲーター。野外フェスとロックを愛し、気ままな旅人生を楽しむ独身女子。音楽や映画、ライブを楽しむピースな日々を綴ります。

最近のエントリ

カテゴリ

アーカイブ

<< 前の記事 次の記事 >>

映画「三度目の殺人」はピアノとともに。

是枝裕和監督×福山雅治主演映画「三度目の殺人」が公開となりました。



3度目の殺人.jpg



この映画で考えさせられることは「人が人を裁くということは、どういうことなのか?」という問いです。


「裁く」という言葉は、裁判官が下すものっていうのが1つありつつ、もうひとつの意味としては「善悪や理非(道理にかなっていることと外れていること)を判断する」という言葉なんですけど、、この映画見て、結局「裁く」っていうのは他人には本当の意味ではできないものなんじゃないかなぁ、と思いました。


この映画で法廷を描くにあたって是枝監督が本物の弁護士さんに取材したときに「法廷は真実を解明する場所ではない。だってそんなの誰にもわかりませんから。」という言葉を聞いて、それを元にして作っていったそうなんですけど、映画の中で裁判官、検事、弁護士が集まって話し合いをするシーンは、あまりの現実的な話し合いで面食らってしまいました。



裁判所のシーンは名古屋市役所で撮影されていますので、そのあたりもどうぞお見逃しなく。




今日のBGMnote 四次元(four dimentions)/   ルドヴィコ・エイナウディ

この映画で北海道の雪景色が出てくるんですけど、それはこの曲を聴いてイメージを浮かべたそうです。イタリア人作曲家のルドヴィコ・エイナウディという有名な方で、是枝監督がずっと彼の音楽を聴きながら脚本も書いていたそうです。是枝監督の熱烈なオファーで初めて日本映画とコラボレーションすることになりました。


<< 前の記事 次の記事 >>
コメント

コメントを投稿