占いの館 萌夢 百戦錬磨クィーンのささやき
萌夢プロフィール これまでのお悩み

恋愛、結婚、仕事、家庭・・・オンナですもの、悩みのひとつや二つは誰しも抱えているものですよね。そんな時は、占い師として数々の実績を持つ、“百戦錬磨クイーン”こと石田萌夢に悩みを打ち明けてみませんか?毎週抽選で選ばれた2名の方のお悩みに、時には天使、時には悪魔となり、ズバッとお答え!もちろん無料です!皆さまのお悩み、どしどしお寄せくださいませ。さあ、もう悩まない・・・☆

萌夢プロフィール 石田 萌夢 Ishida Moemu

名古屋市千種区で生まれる。
2000年 名古屋市の丸の内に占い事務所「アフロディーテ」を設立。現在占いの館「魔女のセラピー」として店舗展開中。
幼少の頃よりタロットカードを手にし、その恐るべき直観力と正統な占いにこだわる姿勢で四柱推命を研究実施し、数多くのリピーターを持ち、その信頼性の高さで人気がある。「究極の占い」を求めて、LA、ペルーアフリカ、サウジアラビアなどを遊学し、その経験を活かしている。
英国オーラ・ライト社認定のカラーセラピストでもある。
著書に「タロット完全ガイド・ブック」(魔女の家BOOKS)がある。
【魔女のセラピー「アフロディーテ」】http://majonotherapy.holy.jp/

 タロットを初めて手にしたのは4歳の時だった。毎日の星占いを見てからじゃなきゃ学校には行けないな。そんな占いマニアの少女は30歳になったら世のため人のために占い師になると決めていた。
 激勤の20代。仕事も恋も欲しいものは全部手に入れる!営業に行けばお客様に怒鳴られるは、水をブッ掛けられるは・・・そう、私は決して器用ではないのだ。そして恋多き乙女の恋の結末は「地球はお前のために回っているんじゃあない!!」と、いつもの決まり文句で振られることもしばしば。そう、私は決して美人ではなかった。そして、超ワガママな女であった。でも、自分のことはよく解かっている。だって、占い師なんだもん。でも、性格は変えられない。自分をよく理解して、自分に合った生き方でイイんじゃない?恋も仕事も命がけ、泣いたり、笑ったりいろいろあったけど、過去よりも未来よりも、今の自分が、いつの時代も一番好き。そして、私はいつしか「百戦錬磨の占いクイーン」と呼ばれるようになりました。
 悩める少女よ、恋にときめく乙女よ、何を聞いても私は驚かないわよ。でも、私の前では、素直に正直にお話しなさい。本当のあなたを見つけてあげる。そして最上のアドバイスをあげるわ。石田 萌夢