オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
澤田貴美子の「つながる“いのち”」
澤田貴美子の「つながる“いのち”」

第83回 『性犯罪~予防のために③~』

この度の台風21号、および北海道胆振北部地震におきまして、被害に遭われました多くの皆様に心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。

次々と起きる自然災害のニュースを目にして、胸を痛めるとともに、日ごろからの備えの大切さを改めて実感していらっしゃる方も多いのではないのでしょうか。

9月は防災月間ですね。
災害時に、まず自分で自分の身を守るためには、どんな知識や備えが必要なのか、再確認しておくことが本当に大切ですよね。

自分で自分の身を守るための知識や備え。
これは、災害に対してだけでなく、性犯罪に対しても同様のことが言えるのではないでしょうか。
前回前々回と、このことについて綴らせていただきました。
今回のコラムも、その続編です。

今年、初めての試みとして、岐阜市の市民自主講座で
『おかあさんのためのいのちと性の教室』という講座を開講させていただいています。

普段は、ご自宅に呼んでいただいてのプライベート講座や、自主開催の講座、それから保育園や幼稚園、学校などに呼んでいただいて、いのちと性に関する講座でお話をさせていただいているのですが、
市民自主講座という開かれた場所で
一人でも多くの方と一緒にいのちと性について考える機会を作りたかったからです。

今回、この市民自主講座でいのちと性についての講座をさせていただくにあたって、私自身、とても知りたいと思ったことがありました。

それは、
「いのちと性について、どれくらい興味がある方がいらっしゃるのかな・・・」ということでした。

市民自主講座は、市の広報誌に募集記事を掲載してくださるのですが、
「果たしてどれくらいの方が興味を持ってくださるのだろう・・・」
そのことを知るために、市民自主講座開講への申し込みをした、というわけです。

正直、講座へのお申し込み受付が開始した段階で、お申し込みは少数・・・。
講座開講には最低10名が必須というのに、そこに届いていない状態。
もし、このまま開講が出来ないということになれば、せっかく興味を持っていただいたみなさんに、申し訳なさすぎる(泣)
そう思っていたところ、次々とお申し込みをいただき、
結果、定員の22名に達しました、と担当の方から連絡が・・・!!

ということで、無事に開講することが出来、先日その第1回目が終了しました。

講座にご参加いただいた皆様

第1回目の講座の際にみなさんから、講座で知りたいこと、性に関することで気になることなどを教えていただきました。

ご意見の中で、印象的だったことを紹介させてください。

とても多かったのは・・・
「性犯罪の加害者にも被害者にもなってほしくない」
というご意見でした。
まさにこのコラムのテーマです。

まずは、
「ひとごとではなく、自分の身の周りに起こり得ること」
と捉えていただいていることが、とても大切な一歩だと思いました。

性犯罪の予防のために、何が出来るのかを考える。
このことが、とても大切な一歩だと感じるからです。

「これをしておけば、予防になる」という答えに絶対はありません。
けれど、
何をしたらいいのか、何が出来るのか、を考えることは無駄ではないと思うのです。
親として、ひとりの大人として、出来ることは何でしょうか。

「こういう所で、被害に遭うこともあるよ」
「こんな場所は気をつけた方がいいよ」
「異性にこんなことをすることは、犯罪になるよ」
確かに、知識として伝えておきたいことは、山ほどあります。

けれど、まずはやっぱり・・・

『あなたは本当に、とても大切な存在だよ』
『大切な存在だからこそ、自分で自分自身を守ることが大切だよ』

このことをしっかりと伝えることが大切なのではないでしょうか。

これを心で感じ、受け止めてこそ、自分の存在は大切!と実感出来てこそ、
性に関する知識を学んだ時に、
自分に関係ある大切なこと、と実感出来ることが出来、
「知識」を「意識」とすることが出来るのだと感じるからです。

だからこそ、
自分自身がどんな風におなかの中(子宮の中)で守られ育ち、どんな風にうまれてきたのかを知ることは、大切だと思うのです。
自分自身の“いのちの力”を、ぜひ知ってほしいと思うのです。

「自分の子どもがもし加害者になったら、と思うと不安・・・」
「被害者になって心も体も傷つくなんてことには、なってほしくない・・・」

昨今の、増加する性犯罪のニュースを目の当たりにする度に、不安になられている保護者の方も、少なくないと思います。

みなさんからのお答えの中で、性犯罪についての心配なお気持ちとともに、
「性のはなし、何をどこからいつごろから伝えたらいいのか悩みます」
というご意見もとても多かったです。

性のはなしは、段階的に伝えることが効果的といわれています。
性犯罪の予防のためにも、
性のはなし、まずは、自分自身の大切さから伝えてみませんか。

自分自身を大切な存在だと心で感じることが出来ればきっと、まわりの存在も、自分と同じように大切な存在だと心で感じることが出来るはず。
そう信じて、これからもいのちのはなしを届けていきたい。
そう感じる今日この頃です。

次回の『澤田貴美子のつながるいのち』をお楽しみに。

(2018年09月13日)

澤田貴美子

澤田貴美子(さわだきみこ)

フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

育児コラム

オピ・リーナ白書

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る