オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
澤田貴美子の「つながる“いのち”」
澤田貴美子の「つながる“いのち”」

第81回 『性犯罪~予防のために①~』

8月に入っても、引き続き異常な暑さの毎日。
夏休みというのに、子どもたちは思いっきり外で遊ぶことも出来ないくらいの危険なレベルの猛暑。
この気候がうらめしいですね。
まだまだ暑さは続きそう、との事。
例年以上の暑い夏に、日々の疲労が取れにくく、疲れが蓄積している方も多いのではないのでしょうか。
より一層、体調管理に気を配らなければ、と実感している今日この頃です。

さて、先日「女性安全フォーラム」に参加してきました。
愛知県警察主催のこのフォーラム。
女性の防犯意識の高揚を図ることを目的として、平成20年度から毎年1回開催されているそうです。

私は、今回、初めての参加でした。

泌尿器科医で性教育に深く関わっていらっしゃる、岩室紳也先生の基調講演「男性を知る。」が第1部。
第2部はトークセッション「性犯罪を知る。」
パネリストは、岩室先生に加えて、
性暴力救援センター 日赤なごやなごみの片岡笑美子センター長、
日本ガイシ株式会社 総務部の兵後久美子氏、
モデレーターは、愛知県警察本部子ども女性安全対策課 調査官の日名地敬子氏でした。
第3部では、護身術教室。
とても充実した内容のフォーラムでした。

岩室先生のお話はもう何度目かですが、毎回、心に響く言葉の連続。
まさに、今回も。

精神保健福祉士であり社会福祉士でもある斉藤章佳氏の著書「男が痴漢になる理由」にもあるように、
「痴漢の多くは、よき家庭人で、痴漢は依存症である」
というお話があったのですが、
「依存症の反対は、つながり・絆・居場所。
だからこそ、大切なのは人と人との関わりであり、つながり、支え続ける環境と、複数の居場所が必要。
自立のためには、そんな複数の居場所、つまりは依存先を増やすことであり、そのつながりの中で、希望や絶望を分かち合う事が大事」
というお話が印象的でした。

共感してくれる人がいて、いつでも受け入れてくれる場所、安心して戻れる場所が複数にあることが、いかに大切か。

やはり、コミュニケーションがどれだけ大切か、という事ですよね。

情報や教育が豊かになった現代。知識はいくらでも得る事が出来る。
けれど、知識を得ただけでは、意識にはならない。
大切なのは、対話・関係性・絆作り。
それがあってこそ、積み重ねた知識が人生力になる。
岩室先生は、
「生きる力は人と会わないと育たない、人は経験する事で学ぶもの。経験していない事は他人事。
そして経験した事をどれだけシェア出来るかが大事」

とお話しされていました。

嬉しい事、楽しい事の経験はもちろん、
上手くいかなくて悩んだり、それでもまたチャレンジをしたり、ケンカしたり、ぶつかったり・・・
すべてのリアルな経験の積み重ねで、感じる力を育てる事が、生きる力、人生力になるに違いないから・・・。

「コミュニケーションの再構築が、犯罪を減らし、予防をする」
と先生もお話しされていました。
リアルなコミュニケーションが希薄になってきている事が危惧されている現代だからこそ、
そんな今こそ、コミュニケーションの再構築が必須なのでしょう。

「人との関係性を大切にすること=自分を大切にすること=自分の人生を豊かなものにする」
そのベースがあれば、きっと、自分以外の人も大切に出来るのではないでしょうか。
「セックスしたいのは、性欲による快楽を求めているわけではなく、承認欲求を満たしたいから」というお話がありました。
まさに、様々な経験を積み重ねる事。
そして積み重ねた経験からから培った人生力をしっかりと発揮して、自分らしく自分の人生を豊かに生きられる大人が増える事は、 性犯罪の予防のひとつになるのではないでしょうか。

第2回AIDS文化フォーラムin名古屋

岩室先生のお話は、本当に楽しく、そして深い学びがあります。
9月2日に開催される、第2回AIDS文化フォーラムin名古屋でも、岩室紳也先生が登壇されるそうです。
ぜひ、こちらのフォーラムへ足を運んでみてください。

今回のコラムでは、
第1部での岩室紳也先生のお話を拝聴してのレポートを綴らせていただきました。
次回のコラムでは、
第2部での性犯罪被害予防のための企業における取り組みなど、この日に拝聴したお話についてのレポートを綴りたいと思います。

暑さ厳しい毎日ですが、みなさまくれぐれもご自愛ください。

次回の『澤田貴美子のつながるいのち』をお楽しみに。

(2018年08月09日)

澤田貴美子

澤田貴美子(さわだきみこ)

フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

育児コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です