オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
澤田貴美子の「つながる“いのち”」
澤田貴美子の「つながる“いのち”」

第78回 『子どもの人生は、子ども自身のもの』

6月も終わりが近付き、2018年も折り返し地点を迎えようとしていますね。

6月18日に発生した大阪北部地震に際しまして、被災された方々に心からお見舞い申し上げますとともに、1日でも早い復興と、みなさまに日常が戻りますようお祈り申し上げます。

大阪へは、ご縁あって小学校や中学校へいのちのはなし「誕生学®」を届けに伺って3年目になります。
そんなご縁のある地域だからこそなおさら、今回の大きな地震での被害が、とても心配でした。
私の住んでいる岐阜市でも震度4と観測されました。
かなりの揺れを感じ、とても不安に感じたのとともに、また改めて、防災について、備えの大切さを認識した日にもなりました。

そして、改めて考えた家族の存在。

今日は少し、プライベートなことを綴りたいと思います。
よかったら、お付き合いくださいませ。

わが家は6人家族ですが、4人の子どもたちのうち3人は、あちこちに。
それぞれが自立して生活しています。

子どもが成長していくうちに、家族が離れ離れに暮らすということは、どこのご家庭でも珍しいことではありません。
何歳で家から旅立っていくのかはそれぞれだと思いますが、
進学と同時に、とか
就職と同時に、とか
結婚が旅立ちだったという方もいらっしゃるでしょう。

なので、わが家が離れ離れに暮らしているということも、特別なことではなく、どこのご家庭にもある風景。
そんな中、ふと思うのです。
一緒に暮らしているうちは、体調の変化にも気付いてあげられたり、何か悩んでるのかな?なんてことにも気付いてあげられたり出来る。
でも、別々に暮らしていると、なかなかそこをキャッチすることが難しい。
それをもどかしく感じたり、遠くから見守るだけしか出来ないんだな、と少し寂しくなったり・・・。

けれど、これが子どもの成長。
自分の足で、自分で歩いている。
見守るしかないけれど、きっと何があっても自分自身で乗り越えられる。
そう信じることが、親の役目なのですよね。

写真

先日のこと。
娘が夫と私を食事に連れて行ってくれました。
「え?ほんとにいいの?こんな素敵なお店で、こんな豪華なコース・・・」
というプレゼント。
「ちょっと遅れた5月の母の日と、6月の父の日、合同ね!」とのこと。
とってもとっても嬉しくて、そして同時になんだか申し訳なくなって・・・。
なぜなら、彼女が一生懸命仕事して、そしていただいたお給料なんだよな、と思ってしまって。

実は、社会人3年目の長男からも次男からも、プレゼントってもらったことがないのです。
「ほんっと、気が利かない!」と、正直、いつも思っていました。

けれど、ふと思ったのです。
彼らは、自分のことでいっぱいいっぱいなんだろうな、と。
(いやまぁ、単に気が利かないというのも確か)

写真

そう多くはないお給料の中から、家賃を払い、光熱費を払い、食費を払い、税金も払い、保険も払い、遊びにもお金がいるし・・・
そんな自分の毎日に必死なのでしょう。
(それでもちょっとしたプレゼントくらい送れるだろ!とツッコミを入れたいところではありますが・・・そこは触れないこととして)

自分自身で生活するって、確かに大変なことですよね。
だからこれからは、
「なんて冷たい子たちなんだ(涙)!」と思うことをやめることにしました。

そもそも、子どもたちの人生は、子どもたち自身のもの。
私は感謝をしてほしくて子どもたちを産んだわけではないし、感謝をしてほしくて子育てをしてきたわけじゃない。

みなさんもそう思いませんか?
(もちろん、感謝してくれることは嬉しいことですが、目標はそこではないですよね)

唯一、日々を共有している末っ子、私の心をよくわかっていて、笑えます。
今年の母の日の、私と息子の会話。

私「ねぇねぇ、今日、母の日だよ!」
息子「こうして元気に生きてることが親孝行ってことで!」

末っ子って、本当に要領がいい!!
息子の言葉に、思わず吹き出してしまいました。

子育ての目標は、社会の中で、子どもが自立して生きていくこと。
子どもたちが
「自分の人生を自分らしく精いっぱい生きていること」
それだけで、じゅうぶん。

だから私は、これからも、出逢えた子どもたちにこの想いをのせて、いのちのはなしを届けていきたいな、と思うのです。

みんなのいのちって、スゴイよ!
スゴイちからを使って、うまれてきたんだよ。
スゴイちからを持って、うまれてきたんだよ。
そんな自分自身を、スゴイって思ってね。
自分のちからを信じて、自分らしく生きてね。
あなたの人生は、あなた自身のものだから。

そして、私たち大人自身も、自分自身の人生を、自分らしく大切に生きたいですね。

次回の『澤田貴美子のつながるいのち』をお楽しみに。

(2018年06月28日)

澤田貴美子

澤田貴美子(さわだきみこ)

フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

育児コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る