オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
神野三枝の今日も絶好調!
神野三枝の今日も絶好調!

第2回 イヤな時は撤収、信号無視をしないで

友人がクリーニングを受け取りに行った時のことでした。

受付の女性は目も合わせず無言で奥にクリーニングを取りに行きました。この時点で、接客業のマナーとして一瞬の不快感が、、、。

しかし、まぁその程度のことで腹を立てていてはこの世の中、健全に生きてはいけませんので大人ならやり過ごすわけですが、戻ってくると「まだみたいです。」の一言。今時、コンピューター管理されている大手クリーニングチェーン店で仕上がり済みのワイシャツが無いこと自体がおかしいわけで、本部に問い合わせることもせず「探したけど見つからないからまだみたい」と短絡的に返答してしまう接客には、さすがに首を捻りたくもなります。もう一度探すようお願いするも、忙しいから出直してくださいの一点張り。

仕方が無いので後日改めて来店すると、また同じ受付の女性。ところがまた無いと言う。さすがにワイシャツ1枚に1ヶ月もかかるクリーニング店など無いわけで、店先でひどい押し問答になってしまいました。
この騒動、結果を言えば、お店には最初の来店時にすでに品はあり、店側の保管場所の間違えで、隅々まで探さなかったのが原因でした。しかし本部を巻き込んでの大騒動になったにもかかわらず、受付の女性は「私の保管間違えじゃないから私には関係ない」と最後まで接客業の何たるかを分かっていない態度。 何とも後味の悪い、ただただやり場のないストレスにエネルギーを吸い取られたとしか言いようのないトラブルでした。

このように、買い物先の店員さんだったり他のことでもそうですが、日頃初対面の人と接して、相手の言い方や振る舞いに、一瞬「あれ?」とイヤな気分になる時があります。今回の場合は、最初の来店時にいらっしゃいませの一言もなく、目も合わせなかった瞬間です。ここに全てが集約されているのです。

これは私の持論なのですが、最初に何か「あれ?」と嫌な気分になる相手は、その時はその不愉快をぐっと飲み込んだとしても、その後もっとイヤな思いをするようなことが起きたりするのです。
つまり最初の「あれ?」というのは自分の本能の勘で、その相手と相性が合わないことを瞬間的に察知した信号だと思うのです。

信号が赤なのに、歩き始めた自分は、その先で引かれてしまったということです。
こう考えるようになってから、私は最初の信号で、その場を退散し、同じものなら他で買うし、同じものなら他で契約をし、人との出会いも無理をしてまで繋がらないようにしています。

今回の友人の場合は、最初に無いと言われた時点でこの女性に執着せず、本部に品の行方を依頼してストレスの流れを断ち切るべきだったのです。話が通じない相手といくら押し問答をしても合意するどころか話はこじれ、嫌なストレスばかりを抱え込むことになります。こんな時は、話せばわかるはずだとか、相手をわからせてやりたいという正義は捨てて、トラブルの火種を手放すことが一番身を守ることです。

心穏やかに生きたいですよね。それなら、無理をするのはよしましょう。
イヤな時は撤収。信号無視をしないようにすることです。

正直な心に素直に従うことは、危険から身を守る大事な判断ですよ(笑)。

気負わず、焦らず、穏やかに。
さあ、今日も元気を出して、絶好調で!

(2018年05月07日)

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

育児コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です