オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
澤田貴美子の「つながる“いのち”」
澤田貴美子の「つながる“いのち”」

第69回 『共感のちから』

暦の上では、立春。
春の始まりを意味する暦ではありますが、寒さ厳しい毎日ですね。
インフルエンザも例年より猛威を振るっていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

こちらのコラムで度々綴らせていただいている、運動の大切さについて。

前回のコラムでも綴らせていただいたように、

・体幹を鍛えること
・下半身を鍛えること
・有酸素運動をコツコツと続けること

この継続が体力や免疫力を高める、ということを身をもって体験する出来事がありました。

写真

実は先日、母が胃がんの手術を受けまして・・・
私は5日間、母の付き添いをしてきました。

小さな子どもさんを看病している方を思えば、こんなの全然大したことないや、と思いながらも・・・
付き添いの間、ほとんど眠れない毎日は、なかなか堪えるものがありました。

術後せん妄で、自分が今、病院にいるということが理解できなくなっている状態のため、
「誰?誰がこのカーテン全部変えちゃったの?」
と、突然わけのわからない事を言い出す母をなだめ、ようやく少しウトウト。
すると今度は、まだ歩行もままならない状態にも関わらず、突然ベッドから降りようと起き上がろうとするので、それを制止。
またようやくウトウトしかけては、ムクット目を覚まし、
「新聞取りにいかなきゃ」
「早く洗濯物干さなきゃ!」と動き出そうとする母を制止。
この繰り返しで夜が明けていきました。

(術後せん妄については、公益財団法人長寿科学振興財団さんのHPをご参照ください)

一般的に、人間の3大欲求は、

・食欲
・睡眠欲
・性欲

といわれていますよね。

看病の間、まともに食事も取れず、ゆっくりと眠ることもできず、普段、体力には自信のある私でもさすがに、
「大丈夫かな、このあと体調崩さないかな、私」と、珍しく弱気な気持ちになりました。

が、しかし!!
全く変わりなく元気な自分に、自分自身がびっくりでした。
普段、コツコツと運動しておいて良かった~~~!!
体力があるって、どんな場面にも役に立つから、本当に大事な事だなぁ・・・
今回の看病で改めてそう実感しました。

それとともに、今回実感したのは、『共感のちから』でした。

母に付き添っている時、母の状態が本当に不安でした。
まして、入院している病院は埼玉。
遠方で付き添える日数が限られているので、岐阜に戻る日は決まっているし、この先どうなっていくんだろう・・・とか、いろいろな事を考えて、頭がグルグル。
母の入院によって、一時的に施設にお世話になっている父も、要介護者。
父の事も考えると、頭がグルグル。
そんな時、友人がくれたメールに、救われたのです。
たまにしか会えない友人なのですが、会うといつも介護の話を共有して、勇気づけられていました。
その友人も、同じタイミングでお父さんが入院。そして、お母さんも介護が必要。

手術の日程を伝えていなかったのにも関わらず、
「その後、お母さんはどう?」
「朝からなんか澤田さんの事が気になって」と、たまたまメールをくれたのです。

「とにかくオペ終わって良かった。まだまだ大変だと思うけど、乗り越えるしかない!!同じ時期に二人背負う事になるなんて・・・頑張ろう」

この言葉に、どれほど勇気づけられたことか・・・。

写真

共感してもらえてる、ただそれだけで、私の心がとても軽くなったのです。
本当に、すごい「ちから」をもらいました。

人はみな、同じ立場になってみないと、その人の本当の気持ちを理解することは難しいのかもしれません。
だから、同じ思いを経験していない限り、
「あなたの気持ちがわかります」と言っても、それはなかなか伝わらないかもしれません。

私が友人に勇気づけられたのは、確かに友人が同じ立場で、同じ思いをしているからなおさらなのかもしれません。
でも、やはりそれだけではないのです。

「本当に、私の事を案じて、寄り添ってくれている」
そう感じたからです。

どんなことでも、自分自身が経験した事は、共感しやすいし、その共感によって誰かの大きなちからになれる事がきっと誰にもあると思います。

けれど、それと同時に、例え自分自身が経験した事からの共感ではなくても、心に寄り添うことで、共感はきっと伝わるはず、と私は考えます。

「この人だったら信頼できる」
「自分を理解しようとしてくれている」

大切なのは、信頼関係。
出逢えたみなさんと、そんな関係を築いていけるように、『共感のちから』を発揮できるように、これからも心を磨いていきたい。

今回の母の看病を通して、そう実感した出来事でした。

次回の『澤田貴美子のつながるいのち』をお楽しみに・・・。

(2018年02月08日)

澤田貴美子

澤田貴美子(さわだきみこ)

フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

育児コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る