オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
澤田貴美子の「つながる“いのち”」
澤田貴美子の「つながる“いのち”」

第68回 『運動はお好きですか?』

いきなりですが・・・
みなさんは、運動はお好きですか?

写真

「う~ん・・・。私、あまり運動は好きじゃないんですよねー」
こう答えが返ってくる事、正直多いです。

「運動ってどうしても、億劫で・・・」
「わざわざ着替えたり、いろいろ面倒だし・・・」

確かにそうですよね・・・わからなくもないです。運動って、好き嫌いがわかれるのも当然の事ですよね。何が心地良いか。
これは、本当にその方その方、それぞれですから・・・。

日ごろ、運動指導に携わる毎日ですが、最近、本当に「若い方の運動離れ」の深刻さを実感しています。
妊婦さんや産後の女性の運動のクラスを担当していると、特にそれを実感します。
運動離れの一因には、忙しさも影響している事は否めません。

反対に、高齢者のみなさんは、自発的に生活の中に運動を取り入れていらっしゃる方が多いですよね。

「日々を健康に暮らすため」や
「自分の健康は自分で守る」という意識の高さを感じます。
高齢者の方がいつまでも元気で、自分の健康のために運動を続けることができる、という事は、とても理想的な事ですよね。

15年前頃、アクアビクスのクラスを担当していた頃、70歳過ぎのみなさんが通ってくださっていたのですが、毎週お会いする度に、私の方がパワーをいただいていました。
車で、自転車で、徒歩で、とみなさんそれぞれでしたが、70歳過ぎてもおひとりでもコツコツ参加してくださる姿に、
「こんな風に年齢を重ねていけたら理想的だなぁ」
まだ30代でしたが、老後の生活をイメージしたりして、心からそう感じた私でした。

「いつまでも自分の足で歩きたい」

この頃から、私の運動の目的はこれなのです。この想いで、運動を続けています。

妊婦さんのクラスでは、
「体重コントロールのため」
「出来るだけ安産で出産したいから」

産後の方のクラスでは、
「妊娠前の体重に戻すため」

その目的で参加してくださる方が多いです。

もちろん、それもOK!!
どんな目的でも、まずは運動を定期的に取り入れてくださることが大切。そしてコツコツ続けていく事で、運動の楽しさや様々な効果を感じていただけたら・・・。

以前、こんな感想をいただいたのです。

「私、産休に入ってから、急に体重が増えるのが怖くて、マタニティビクスへの参加を決めたんです、安産で出産したかったし。
結局お産は大変だったけど、出産まで自分に出来るだけの準備はしたし、なんだか頑張った自分に満足感でいっぱいでした。
なんと言っても、運動なんて苦手だったのに、コツコツ運動すると、肩凝りも楽になる事がわかったし、運動、好きになりました!!」

そして、産後もコツコツと運動を続けてくださり・・・

「この子が走り回るようになる頃、一緒に全力で付き合ってあげられるだけの体力をつけたいから、これからも、ずっと運動続けていきます!」

こう話されて産後のクラスを卒業されてから数年後、ショッピングモールでばったり。

「あれからずっと運動続けてます!全然風邪もひかなくなりました~!!妊娠していなかったら、出産していなかったら、運動の大切さに気付いてなかったですよ、多分・・・」

そう話されていました。

本当に嬉しかったです。まさにこれが、大きな効果。体幹を鍛えること、下半身を鍛えること、そして有酸素運動。続けていると、体力UP、免疫力UP!!

「全然痩せないし、もう運動なんてや~めた!!」」

なんて、運動をやめてしまう場合も多いですが、勿体ないですよ~!

体重が減る、という事だけが効果ではありませんよね。しっかりと筋肉をつけること、筋肉を使うこと、心地良くほぐすこと。これは、後に必ず財産になりますから~~!
まさに『貯筋』です!

先々の健康ためにも、ぜひ運動を好きになってくださる方がどうかおひとりでも増えますように・・・。

次回の『澤田貴美子のつながるいのち』をお楽しみに・・・。

(2018年01月25日)

澤田貴美子

澤田貴美子(さわだきみこ)

フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

育児コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です