小倉京子の「子育てにも“コツ”ってあるんです」

第41回 『きょうだいげんかに、注意は逆効果』

 こんにちは。このコーナーを訪れてくださってありがとうございます。子育てコラム担当の小倉京子です。

 今回はきょうだいげんかを取り上げます。

 きょうだいげんかは、子どもが小さいうちは、なぜか本当に毎日毎日起こるもの。親としてはうんざりすることもしばしばでしょう。

 きょうだいげんかを収拾するのは、なかなか難しいですよね。どんな風に関わればよいのか、お困りのお母さんも多いでしょう。

 今回ご紹介する事例は、親業訓練協会発行の季刊誌『ヒューマンリレーションニュース(2007年冬号)』から。緑色の文字の会話が、効果的な会話となります。

****************************************************************************

 食事中、拓(11歳)のお誕生日のメニューについて「お誕生日、何が食べたい?」という私の問いかけに、先に妹が返事をしてしまったことで、拓が爆発! 妹の香の足をテーブルの下で蹴り始める。

親  拓、蹴ったら痛いでしょ!

子  どうして香はいつもいつもでしゃばりなんだ! いつも我慢してるけど、時々たまらなくなる!

画像

親  香に先に言われたのが本当にイヤだったのね

子  そうだよ! たまには言いたいことを言わせてもらわないと気がすまない! いつも香の味方して・・・・お母さんなんか・・・・

親  香に味方してる様に見えるのね。お母さんは、足で蹴ったりするのを見るのがイヤなの

子  だって、何回言ったって香は言ってほしくないことを友達にも言ったり、とにかくでしゃばりすぎなんだよ!

親  香がでしゃばりすぎるのがイヤなのね。それでも蹴るのを見るのはイヤなの

子  だったら言わないように、お母さんちゃんと香にも言ってよ!

親  香に言い聞かさないで、先にお兄ちゃんに注意することがイヤなのね!

子  そう! いつもそーやん!

親  わかった。お母さん、いつも拓に先に何か言うのは悪かったね。 せっかくの楽しくなるはずのお話ができなくて、イヤやったね!

子  いいよ別に! 香の口はどーにかならんと?!

親  後で香と話すからね

子  わかった

(親の感想)
 きょうだいげんかが起こった時に、自分の正直な気持ちを ”伝える” ことで私の気持ちも楽になりました。能動的な聞き方で息子の気持ちや、娘の言い分を聞くようにしているからか、最近息子も自分の気持ちをよく話すようになってきましたし、きょうだいげんかが長引かなくなったような気がします。

****************************************************************************

 きょうだいげんかが始まると、親もそれを見たり聞いたりしていて気分が悪くなりますよね。

 このお母さんは、お兄ちゃんが妹を蹴るのを見ているのがイヤだった。だから、最初は思わず、蹴ったことを注意してしまいましたが、息子さんが怒りを口にしたことから、”息子も今嫌な思いをしているんだ”とお母さんは気付きました。そこで息子さんの気持ちに寄り添う、能動的な聞き方に切りかえました。

 能動的に聞き始めたら、息子さんはいっぱい日頃の鬱憤を吐き出し始めました。そしてお母さんは、ずっとそれを能動的な聞き方で聞いています。

画像

 聞きながらも、親のイヤだと思うことも、きっちりと伝えているので、親のイライラも溜まることはなく、”楽になった”とおっしゃっていますね。    子どもの気持ちも聞くし、自分の思いもちゃんと伝える、両方のバランスを取りながら、会話を進めています。

 お母さんが自分の気持ちをちゃんと聞いてくれたことと、素直に謝罪し妹に対する対応を考えてくれたことで、息子さんはずいぶん気持ちが落ち着いたように見受けられます。

 きょうだいげんかについては、親はよく、どっちが悪いか? というジャッジをしたくなったりもしますが、そういった親からの評価はけんかをこじらすことにつながることもしばしば。特に、上の子に対して、年上だから譲るように促したり、まずは上の子を注意してけんかをやめさせよう、という行動に親は走りがち。

 この息子さんも、お母さんがまず上の子に注意をすることに不満を訴えています。

 すぐに理解できる年上の子に対して、けんかはよくないことだからやめてほしい、それぐらいわかるよね! と親は伝えたくなるのでしょうが、子どもからしたら、それは不公平だと感じてしまうわけです。

 けんかは、それぞれの思いがぶつかって始まるもの。このお母さんのコメントにもあるように、それぞれの “思いを聞く” という対応が、最も効果的なのです。

  このコラムについてのご感想やご質問は、プロフィールに記載のメールアドレスまでどうぞ。小倉へ直接メールが届きます。

小倉京子(おぐらきょうこ) ピースフルコミュニケーション代表・心理カウンセラー。自身の育児経験(3児の母)を生かしつつ、自身が伝える子育てのスキルをベースに、あたたかい親子関係をつくっていくポイントをわかりやすくお伝えしていきます。 ブログ:http://ameblo.jp/hotto-mama/ ご感想・ご質問:peaceful.communication.family★gmail.comまで。(★を@に変えて送信してください) http://ameblo.jp/hotto-mama/

(2017年07月14日)