オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
澤田貴美子の「つながる“いのち”」
澤田貴美子の「つながる“いのち”」

第55回 『受援力』

梅雨まっただ中、蒸し暑い毎日が続いていますね。 これだけ湿度が高いと、エアコンは使わずにはおれず・・・ そのため体調を崩されている方も多いようですが、 みなさま、体調はいかがでしょうか?

今日は、「受援力」について綴りたいと思います。 みなさんは、「受援力」という言葉を耳にしたことがありますか?

「受援力」とは、他者に助けを求め、快くサポートを受け止める力のこと。 この言葉自体は、ボランティアを地域で受け入れるためのキーワードとして、 特に2011年の東日本大震災後に、広まり始めた言葉といわれています。

日本人は、本当に責任感が強く、 頑張り屋気質の国民性がある、といわれていますよね。 実際、自分自身の学校生活を振り返ってみても、 「自分らしい考えを述べる」とか、 「辛い時には辛いと言っていい」という教えより、 「規律を守ること」や「忍耐」という学びの方が多かったように感じます。

災害ボランティアに関するキーワードで広まり始めた、 この「受援力」という言葉ですが、 助けてほしいことを伝え、その助けを感謝して受け止めるということは、 災害以外でも、生きていく上でいろいろな場面で、 とても必要なことなのではないでしょうか。

例えば、産後間もない女性。 それから、育児に悩むお母さんたち。 それに、家庭でつらい思いをしている、こどもたち。 予期せぬ妊娠に一人で悩む女性。

苦しい思いをしている場面で、 辛いという自分の感情を秘めながら、 「自分が耐えればいいんだ」 「自分が我慢すればいいんだ」 「自分が頑張ればいいんだ」と一人で抱え込んでしまい、 ますます辛い思いをしている方にたくさん出会ってきました。

そんな中、先日、とても安堵した記事がありました。 雨宿りをしていた女子中学生を見かけて、持っていた傘を手渡した男子大学生。 そのまま帰ろうとしたら、追いかけてきて、 「家に帰れない。父親に殴られている」と涙を流しながら打ち明けたその女の子。

警察に行くことを嫌がったため、大学の後輩の女性を呼んで、 自宅で話しを聞くうちに、徐々に打ち解け約2時間、話をきいてあげたそう。

「父親と顔を合わすと殴られる」といい、父親が起きる前に学校に行き、 夜は父親が就寝してから家に帰る生活を続けていたなんて、 どんなに辛い毎日だったのだろう・・・。 想像しただけで、胸が締め付けられる思いです。

けれど、この女の子が、勇気を出してSOSを出せて、 本当に良かった。 そしてこの大学生が、彼女からのSOSをちゃんと受け止めてくれて、 本当に良かった。

男子大学生が、 『県警なんでも相談電話(#9110)』に通報。 よって児童相談所に保護され、現在、父親とは離れて暮らしているそうです。

もちろん、彼女にとっては、 これですべて解決!というわけではなく、 これからのサポートが重要なわけですが、 ひとまず、父親から殴られる毎日から逃げだせたことは、 本当に良かったと思います。

辛い思いの毎日の中で、SOSを出すということは、 本当に勇気のいること。 当事者以外からしてみると、 「助けてって言えばいいじゃない!」と簡単にそう思えるかもしれないけど、 一人で抱え、悩んでいる時には、 「助けて」ということさえも、 当事者にとっては、とても難しいことなのだと思います。

けれど・・・

写真

勇気を出して、逃げてほしい。 勇気を出して、助けて!ってSOSを出してほしい。 SOSを受け止めてくれる人が、必ずいるから・・・ 力になってくれる人が、必ずいるから・・・ だから決してあきらめないでほしい。

辛い時に、辛いってSOSを出すことは、 決して甘えじゃない。 生きていくために、必要な力だと思うから・・・。

「受援力」、子どもにも、大人にも、 本当に大切な力ですね。

SOSが出せること。 助けてもらったら、心から感謝の気持ちを持てること。 そして、まわりのSOSをしっかりとキャッチし、 寄り添い力になれるように。

そんな力を、私も身につけていきたいと、 心から思う今日この頃です。

医師・医学博士で5児の母でもある 吉田穂波先生のオフィシャルサイトに 先生が書かれた「受援力ノススメ」のリーフレットが掲載されています。

リーフレットはこちらから

「受援力」について、ぜひ参考になさってみてください。

****************************************

九州豪雨災害により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 どうか1日も早く、日常が戻りますように・・・。

****************************************

次回の『澤田貴美子のつながるいのち』をお楽しみに。

(2017年07月13日)

澤田貴美子

澤田貴美子(さわだきみこ)

フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る