小倉京子の「子育てにも“コツ”ってあるんです」

第40回 『10歳:夜遅くに「宿題が終わんない」』

 ご訪問いただきありがとうございます。

 今回は宿題の話題。

 小学生でも宿題がたくさん出る時があります。中学生以上になると、各教科からたくさんの宿題が出されます。なかなか終わらないと、子どもは悪態をつきながらやっていたり、やり終わる前にめげてしまったり・・・・。

 我が家でも思い出す夜遅い時間の宿題。もうかれこれ8年前になりますが、我が家の三男も小学校1年生のときから、宿題が終わらないと言っては、夜12時近く、場合によっては日が変わってもやっていることがありました。もちろん、やり始めが遅いからなんですけれど、それを責めてみたところで、子どもの機嫌が悪くなって、宿題の進みが遅くなるばかり・・・・。

 今回ご紹介する事例は、親業訓練協会発行の季刊誌『ヒューマンリレーションニュース(2014年夏号)』から、10歳のお子さんとお母さんの会話です。

****************************************************************************

 これまでは、「夕食前にゲームしていたからでしょ!」「そんな適当にやるなら、やっていかないほうがまし!」と、イライラして余計なことを言っていました。

 しかし、あるとき、こんな言い方に変えて対応しました。

子  もう、終わんないよ

親  宿題がおわらないんだね

子  こんなに宿題が多いなんて、ありえない!
 作った人、クソだな

画像

親  問題が多くて、作った人にも頭にきてるんだ

子  あんまりにもいっぱいになると、イヤになってくる

親  問題が多すぎて、嫌気がさしているんだ

子  もっと早くやっておけばよかった

親  早い時間から始めればよかったと思うのね

子  この前の土日にやっとけばよかった

親  休みの日に進めておけばよかったと思うんだね

子  うん

(親の感想)落ち着いて、 能動的な聞き方  で対応できました。

****************************************************************************

 遅くまで宿題をやっているのをみると、親としてはついつい、なぜそんなことになってしまったのかを責め立てたり、どうすればこんなことにならないのかを提案したくなったりします。

 子どものからだの発育のことを考えると、睡眠時間が短くなることで、親としては心配な気持ちがおこり、言いたくなってしまうのですよね。

 でも、それを言ったことのあるお母さんならおわかりでしょうが、大抵子どもはそれに対して反発します。私も経験があります。

 どうしてか?

 それは、その時点で子どもが困っているからです。

 子どもだって、早く終わって早く寝たいのです。

 困ってるときに、その状態を責められたり、提案されたりすると、子どもじゃなくても大人でも腹が立つものです。

画像

 ですから、そんなときは、この事例の親の会話のような  能動的な聞き方  で、困っている子どもの気持ちに寄り添うのがよいでしょう。

 気持ちに寄り添うだけで、この事例のように、子どもが自分で、
”なぜこんな状況になったのか”
を気付き、
”どうすれば、そうならずに済むのか?”
を自分で考え始めます。

 この対応ですと、反発も受けにくいですし、関係が壊れない会話を進めていけます。

 自分で考え、自分で行動できる子、自立した子に育つ対応が、この能動的な聞き方です。

 どんな言い回しなのか、事例を参考にしていただくと共に、言葉の選び方は、 第39回 のコラムでご説明していますので、そちらも合わせてご覧ください。どんな方法で話し、どんな効果があるかを詳しく説明しています。

 子どもが困っているときは、
・親が提案などをして子どもの問題を親が取り上げないこと
・子どもの気持ちに寄り添うこと
・子どもが自らその問題を解決できるよう見守ること
が子どもが頼もしく育っていく秘訣といえるでしょう。

  このコラムについてのご感想やご質問は、プロフィールに記載のメールアドレスまでどうぞ。小倉へ直接メールが届きます。

小倉京子(おぐらきょうこ) ピースフルコミュニケーション代表・心理カウンセラー。自身の育児経験(3児の母)を生かしつつ、自身が伝える子育てのスキルをベースに、あたたかい親子関係をつくっていくポイントをわかりやすくお伝えしていきます。 ブログ:http://ameblo.jp/hotto-mama/ ご感想・ご質問:peaceful.communication.family★gmail.comまで。(★を@に変えて送信してください) http://ameblo.jp/hotto-mama/

(2017年06月23日)