澤田貴美子のつながる“いのち”

第50回 『おっぱい茶で復興支援』

 4月も後半、あちこちで春の花が美しく咲き、心癒される今日この頃、G・Wも目前となりました。

 今日は、最近私が飲んでいるお茶のお話です。
元々、いちばん好きな飲み物は紅茶なのですが、紅茶はカフェインが気になるところ。
そこで、ノンカフェインのハーブティーをあれこれと飲んでいるのですが、最近、取り寄せて飲み始めたのが、「おっぱい茶」です。

 はい、私、もちろん授乳中ではありません。笑
そして、妊活中でもありません。
けれどもなぜ、このお茶を飲むようになったのか、といいますと・・・。

 熊本地震の復興支援のために、です。

 「おっぱい茶で復興支援??」 そう、復興支援です。

写真

 この「おっぱい茶」を販売しているのは、
熊本の産後ケア施設「由来助産院」さん。
http://www.yurai.org/
熊本地震から1年経った、4月14日、facebookの記事で、
https://www.facebook.com/yurai1138/?fref=nf
【熊本地震おっぱいの復興企画】に目がとまりました。

 由来助産院さんは、熊本震災直後から、熊本の妊婦さんや、ママさんたちのためにご尽力されています。

 災害が起きる度、被災者のみなさんの姿を見ると胸が痛み、何か少しでも出来ることを...と考えるのですが、現地を訪れるということも、なかなか叶わず...。

 熊本の物を購入すること。
これはとても小さな力かもしれないけど、遠くにいる私たちにも出来る復興支援。

 そんな気持ちで、このお茶を即座に注文しました。
すると、とってもとっても迅速に送ってくださいました。
その到着後から、毎日このお茶を飲んでいます。

 最近気温も高くなってきて、喉も渇きやすくなりましたが、だからと言って冷たい物ばかりを飲むのは、内臓を冷やしますよね。
飲み物もからだに良い物を選んで、1年中冷えには気をつけたいものです。

 この「おっぱい茶」、タンポポの根が原料のタンポポ茶。
タンポポの根には、鉄分やカルシウムも含まれていて、ビタミン類も豊富だそうです。
そして、ノンカフェイン。
ノンカフェインの飲み物は、妊活中、妊娠中、授乳中には、特に安心ですよね。
タンポポ茶は、緑茶やウーロン茶に含まれるタンニンも含まれていないので、なおさら安心ですね。 そして、血液の循環を良くする効果があり、からだをあたためてくれる効果があることから、リラックス効果もあるそうです。

 なので、妊活中の方が不妊治療の効果を高めるために、タンポポ茶をすすめられる場合も多いですし、授乳中の方で、乳腺炎の予防のためにタンポポ茶を飲まれている方も多いですよね。

 そして、そして...
タンポポ茶には、血中コレステロールを減らし、脂肪を減少させる効果があるそうです!
妊活中でも、妊娠中でも、授乳中でもない私が毎日このお茶を飲んでいるのは、ひそかにこの効果を期待していたりして...。(効果には個人差があることは重々承知であります)

 利尿作用があり、むくみを改善してくれたり、排便作用も期待できるともいわれています。

 肝心なお味についてですが、香ばしいお味のお茶で、美味しいです!

 この「おっぱい茶」は、内容量3gのお茶パックが30包入り。
タンポポの根が原料のお茶です。
通常価格1500円ですが、5月14日までは限定企画で、
1200円(送料300円、3袋以上で送料無料)で提供してくださっています。
お申し込み・お問い合わせは、
由来助産院さんのお問い合わせフォーム
http://www.yurai.org/contact/index.html#s03 まで。

 どうか被災地のみなさんに、
1日も早くおだやかな日常が戻りますように...。

 次回の『澤田貴美子のつながるいのち』をお楽しみに。

澤田貴美子(さわだきみこ) フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

(2017年04月27日)