オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
澤田貴美子の「つながる“いのち”」
澤田貴美子の「つながる“いのち”」

第44回 『いつから伝えたらいい?性のはなし』

 寒い寒い毎日ですね。
みなさま体調を崩されていませんか?

 私は、温泉で身体をあたためたい!と切望しつつ、なかなか本物の温泉に足を運べず・・・せっせと近所のスーパー銭湯へ足を運ぶ今日この頃です。

 先日、そのスーパー銭湯の露天風呂で、すごく感心した出来事がありました。

 その露天風呂にはテレビがあり、その日もたくさんの人が身体をあたためていました。ちょうど流れていた放送で、「結合双生児」についてを特集していました。どの時点で、一卵性双生児の受精卵から結合体が生じるのか、という場面で、画面上には受精卵の画像が。

 それを見て、お風呂に入っていた女の子が、隣の女の子に受精卵についてを説明し始めたのです。それも、精子と卵子の話からとても正確に。どうみても、小学校3、4年生の女の子です。すごいなぁ、とひたすら感心。そして、それを聞いていた隣の女の子の反応がまた素直で、

 「へぇ~~、そうなの?あの丸いのが受精卵なの?で、あれが人になるの~~?へぇ~~、すごいねーー!!」

 と、笑顔と驚きの表情がとても印象的で・・・。

 それを同じお風呂の向かい側で見ていた私は、あやしいおばさん化。「よく知ってるね。すごいね。何年生?」と思わず声をかけてしまいました。(多分、すごくびっくりしたはず・・・ごめんね、女の子たち)

 女の子たち、「3年生です」って。

 「ええーーーーーっ!3年生???まだ学校でも習ってないよね?なんで、なんで?なんでそんなに正確に知ってるの???」

 と、すごいリアクションで尋ねる私に、

 「お母さんが教えてくれたよ。本を見ながら」って。

 す、す、素晴らしいですーーー!!今年に入って一番の(といってもまだ12分の1も終わっていませんが・・・)感心した出来事でした。

 「性のはなし」と聞くと、ハードルが高いと感じられる方も多いかもしれませんが、「性のはなし」のはじまりは、「いのちの誕生のはなし」からはじまると考えます。

 赤ちゃんってどうやってうまれるの?5歳の子の80%がそう聞いてくる、ともいわれています。まずはこの質問に、ごまかさずに正しく毅然と答えられる大人でいたいな、と思うのです。

 知りたいな、と思った時に、しっかりと答えが返ってくる。

 これは、信頼関係を築く上でも、大切なことなのではないでしょうか。

 いのちはどうやってはじまるの?自分はどこから来たの?精子と卵子はどうやって出逢うの?

 もっともっと知りたい!と次々に質問が飛んでくるかもしれません。

 「性のはなし」がタブーとされて育ってきた世代にとっては、そんな質問が次々と来た時に、

 「こんな話は苦手だな。そのうちどこかで知るから、とりあえずごまかしておこう」

 そんな風に思ってしまうのも当然なこと。

 けれど・・・子どもたちにとっては、小さい頃の、これらのいろいろな疑問についてその時期その時期に正しく知識を身につけていくことが、自分自身を大切に守るためにとてもとても大切なことなのではないでしょうか。

 だからこそ、「性のはなし」は思春期からではなく、小さい頃からの「いのちの誕生のはなし」の積み重ねだと感じます。

 いのちの誕生についてや、男女のからだの違いについて知ること。これは決して恥ずかしいことやいやらしいことではなく、大切なことですよね。

 いのちの誕生についての絵本や性のはなしについての絵本。良質な本がたくさんたくさんあります。年齢に合った絵本をぜひ見つけ、読み聞かせをしてみてください。 大人からすると、「え?こんなの読むの恥ずかしいな」と感じる言葉の数々があるかもしれませんが、聞いている子どもたちの方は、恥ずかしいとか、いやらしいという感情より、

 お風呂で出会った女の子たちのように、「へぇ~、そうなんだね。すごいね!」と

 そのままを素直に受け止めている子が多いです。

 男の子も、女の子も、自分自身を大切にできる人になってほしい。

 そのためには、大人が伝えるべきことをしっかりと伝えたいですね。大切な子どもたちを 性暴力や性犯罪、予期せぬ妊娠や望まぬ妊娠から守るためにも。

 次回の『澤田貴美子のつながるいのち』をお楽しみに。

(2017年01月26日)

澤田貴美子

澤田貴美子(さわだきみこ)

フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る