オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
澤田貴美子の「つながる“いのち”」
澤田貴美子の「つながる“いのち”」

第37回 『ポジティブスイッチ』

写真

 10月も半ば。朝晩、めっきり秋らしくなりましたね。 晴れた日の青空と、美しい夕焼けに心が癒される今日この頃です。

 先日、銀座で行われた
『リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック日本選手団のメダリスト合同パレード』
80万人もの歓声に包まれた、大興奮のパレードでしたね。 テレビで拝見していても、盛り上がりの様子が伝わってきました。 そして、選手のみなさんのお顔が本当に輝いていましたね。

 スポーツ選手は、それぞれが良い結果を求めて、自分の限界に挑戦し、想像を絶する努力をしていらっしゃる反面で、人々に感動と勇気を与える存在。 自分のためにがんばっているのだけれど、人の役に立っている。 ものすごく大きな役割も果たしている存在なのだな、と改めて感じました。

 たくさんの選手が大きな感動と勇気を与えてくれた、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック。 そんな選手のみなさんとともに、大きな感動と勇気を与えてくれたあるダンサーの方がいます。 みなさんは、リオパラリンピック閉会式でダンサーを務めた義足のダンサー、大前光市さんをご存じですか?

 私は以前、ある放送で拝見したのをきっかけに、大前さんの存在、そして言葉、生き方に感銘を受けました。

 大前さんは、大切なオーディションの前日、練習の帰り道に交通事故で被害に遭われ、一命を取り留めたものの、左足を切断しなくてはならなかったそうです。 それでも、事故からわずか4ヶ月でダンスを再開。 初心者にまじり、バレエの基礎から学び直し、ダンスの道を極めることに。 本当になんて強い方なのでしょう。

 どれだけの挫折感を、そしてどれだけの敗北感を感じながら、そこから立ち直ってきたのだろう・・・。 それはまさに、想像を絶するものがあります。

 大前さんに大きな影響を与えた方、として番組に出演されていた先生のお言葉にも、とても胸を打たれました。

 『人間っていうのは、この世に生まれて出た時に、その人その人の台本を背負ってこの世に生まれてきていると思うんです。 それは神様がお決めになってなったことだから、私たちの力ではどうにもならない。 そう決められた運命ならば、自分でその道を歩いてみせる、と、自分らしく生きてみせると私ならそう願いたいし、あなたにもそうしてほしいから、そういう踊りにしようよって話したんです』

 先生が振付をされた「足のないカナリヤ」を演じ、俺はこういう表現でOKだ、と自信を持てた、というエピソードも。

写真
※画像はイメージです

 義足を個性に、そしてダンサーとして羽ばたきたい!と、夢を現実にし、そして更なる夢に向かっている大前さん。

 映像でしか拝見していませんが、大前さんの踊りには、まさに大前さんの魂と生き様が表れている、と心を打たれました。

 大前さん、岐阜県下呂市のご出身だそうですね。 高校まで、下呂市で暮らしていたそうで、それを知り、ますます舞台を見に行きたくなりました。

 リオパラリンピックの閉会式の前、たまたま流れてきた何かの番組でのインタビュー。

 「障がいがあるということは、新しい可能性を持つ、ということ。 何かが出来なければ、人はまた、違う物を作りだす努力をするのだと思います」

 この言葉に、感じたこと。
前回のコラムでも少し書かせていただいたのですが・・・
人には必ず、不得意なことがあるものですよね。 これは、障がいがある、ない、に関わらずではないでしょうか。

 不得意なことがある、ということは、得意なことも、きっとある、ということではないでしょうか。

 誰にでも不得意なこと、苦手なことがあって当たり前。 自分自身はもちろん、社会も、それを受け入れて、 その人が得意なことを見つけ生きられるように。 その人らしく輝ける場所を見つけられるように。

 大前さんのように、ポジティブスイッチを持って生きていけたら素敵ですね。

 次回の『澤田貴美子のつながるいのち』をお楽しみに。

(2016年10月13日)

澤田貴美子

澤田貴美子(さわだきみこ)

フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る