小倉京子の「子育てにも“コツ”ってあるんです」

第26回 『小5:朝になって集金袋』

 今回は、親業訓練協会が会員向けに発行している季刊誌「ヒューマン・リレーション・ニュース」(2016年春号)から、事例を引用してお送りします。この季刊誌は、受講生さんが家庭で実践した事例を集め、その中から会員の方の参考になるものを毎回ピックアップして掲載しています。ご本人の声も一緒に掲載されているので、対応してみてどんな反応だったか、その後どう関係が変わったかなどもよくわかります。実際に日常で起こったことなので、どの家庭でもよく起こりそうな事例ばかり。とても参考になります。

 さて、今回はその中から、子どもが小学生になると一度は起こる事例をご紹介します。

*****************************************************************

 息子(小5)が、学校の教材費の集金袋を朝になってから出してきた。
今日の集金のために昨日配布されたものだった。

母  朝、集金袋を出すとさぁ、お母さん焦っちゃうんだよね。
   集金って、いつもお釣りのないようにピッタリで入れてって言われるでしょ。
   ちょうど細かいお金があればいいんだけど、ないと準備できないし、
   期日が決まっているものだから困るの

子  そうだね。ぼくも持っていかれないと困るもんね

母  そう、お互い困るからね

*****************************************************************

 このお母さんは、朝突然集金袋を出してきた子どもの行動に対して、「焦っちゃう」「困る」という気持ちを表現しています。

 そして、どうして私が「焦っちゃう」のか、どうして私が「困る」のかを、わかりやすく具体的に説明しています。

 更には、子どものことを責めてないですよね。こんな理由で「焦っちゃう」、こんな理由で「困る」と事実を言っているだけで、感情的に責め立てていないのです。

 だから、子どももすんなり、「そうだね」と言えたのでしょう。

 普通ならここで

写真

「どうして今頃出すのよっ! そんな急に言われてきっちりお金があるわけないでしょっ!」
「いつもその日の朝にしか言わないんだから!」

と言う親がけっこう多いと思いますし、あまりに頭にきて

「無理だから、なしで行きなさいっ! あなたが早く出さなかったからいけないのよ!」

と突き放した言葉を言ってしまったり・・・。

 残念ながら、この言い方では、この子が言ったような「そうだね、ぼくも持っていかれないと困るもんね」という返答は得られないでしょう。親が言った言葉で子どもが腹を立てる可能性が高くなるからです。あるいはしょげてしまって、自己否定するばかりで、じゃあどうしたら同じようなことが起こらないのか? と解決のために思考を働かせる、という方向に意識がいかなくなってしまうのです。

 このケースで親が望む未来は、子どもが早めに集金袋を出してくれるようになること。

 しかし普通、親が言いがちな言葉は、結局は親がこうなってほしいと思うこととが実現されない方向に、会話の成り行きがむかってしまうことの方が多いでしょう。いつも親が言っている言葉がけは、効果としては逆効果となってしまっているのです。

 言われたその時点では、親はカチンと頭にきてしまい、冷静に言葉を選べないことも多いかもしれません。

 でもこれも常に気にかけていればできるようになります。親が嫌だなと思った時には、子どもを責めるのでなく、親にどんな影響があるから嫌なのか? そして親がどんな気持ちになっているのかを正直に表現していくと、子どもはそれを理解し、なんらかの行動を起こしてくれたり、解決策を考えたりしてくれます。そして何よりも、関係が悪くならないのがいいですね。

※季刊誌「ヒューマン・リレーション・ニュース」は親業訓練協会に連絡し、会員になっていただくと以降入手できます。

小倉京子(おぐらきょうこ) 親業訓練協会認定インストラクター。自身の育児経験(3児の母)を生かしつつ、「親業」のスキルをベースに、あたたかい親子関係をつくっていくポイントをわかりやすくお伝えしていきます。 ブログ:http://ameblo.jp/hotto-mama/ HP:http://instructorkyokoogu.wix.com/peaceful-commu ご感想・ご質問:instructor_kyoko_ogura★oyagyo.or.jpまで。(★を@に変えて送信してください) http://ameblo.jp/hotto-mama/ http://instructorkyokoogu.wix.com/peaceful-commu

(2016年09月23日)