神野三枝の”元気をあげる!”

仕事にも自分にも自信の持てない私・・・

 派遣社員として事務をしています。仕事は真面目に取り組んでいるつもりですが、人見知りで内向的な性格で、要領も悪いのか職場になかなかなじめず、結局辞めてしまうパターンが何度も続き、今回の仕事先も限界にきています。高校卒業後の就職先では半年も続かず、その後はアルバイトをしたり、最近は派遣に登録したりして今に至ります。資格も特技もなく、仕事にも自分にも自信の持てないダメな私の背中を押してください。(まるちゃん 28歳)

 素人だった私がこの世界に入ったきっかけは事務所のタレント募集オーディションでした。私以外にあと2人いて、2人は経験者でとても上手でした。諦めるのは嫌いな私ですが、勝負あったなと思いました。ところが、このオーディションで私だけが合格したのです。社長が言いました。「確かにあなたが一番下手だった。でもあの2人に無くてあなたに有るのは、真っさらということです。あの2人は、すでに自分は出来ると自信を持っていました。自信のある子は、悪い癖を直そうと指導しても、プライドが邪魔をして治らないのです。成長する子は、素直に人の言うことが聞ける子です。」こうして今の私があるのですが、自分に自信がないから、人の知恵をもらうことができるのです。

 子供の頃から母には、「今できることは今すぐしなさい。」と教わってきました。「遅い事なら、誰でも出来る。今すぐ動かないのは、自分の人生を放棄しているのと一緒。」と。人生の長さは決まっています。一つ、物事を遅らせたら、他も全部ズレて、全部先送りの人生になってしまいます。最期(さいご)になって、慌てて、ああ時間が足りなかった~と後悔しても、後の祭。それでは自分に申し訳ないですよね。

 自信が持てなくて大いに結構!それより大事なのは、素直さです。今日から素直さという武器を持ちましょう。

 さあ、今日も元気を出して、お幸せに!

(2016年04月04日)