澤田貴美子のつながる“いのち”

第22回 『本のチカラ~LGBTへの正しい理解~』

  前回のコラム で、思春期に子どもに性についての大切なことを伝えたい時、本のチカラを使うのも、ひとつの方法としておススメです、というお話を書かせていただきました。

 そんな中・・・最近、もっと正しい理解が広まることが大切だなぁと感じていることが多々あります。

 その中のひとつが「LGBT」についてです。

 みなさんは、この言葉を聞いたことがありますか?

 先日、ある場所で、
まずは大人が「LGBT」について正しく理解する必要があるよね、
という話をしたところ、半分以上の方が、
「何???それ?」
とおっしゃられました。

 無理もありません。この言葉自体が日本で使用されるようになったのは、1990年代頃かららしいのですが、実は、なかなか知られていないのが現状なのではないでしょうか。

L・・・Lesbian レズビアン    女性同性愛者
G・・・Gay ゲイ          男性同性愛者
B・・・Bisexualバイセクシャル 両性愛者
T・・・Transgenderトランスジェンダー
生まれたときに法律的・社会的に割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人のこと

《NHK福祉ポータル ハートネットより》
www.nhk.or.jp/heart-net/themes/lgbt/

 思えば、私自身、年代的に当然なのですが、
学校でこの様な多様な性について、学んだ記憶はもちろんありません。
記憶の中で、一番残っているのは、
大好きなドラマ「3年B組金八先生」の、あるシリーズです。
女優の上戸彩さんが、制服のスカートを着用することに、ものすごい苦しみを抱えていて、実は自分は男なのだということにずっと苦しんでいた、という性同一性障害の役を演じているドラマを毎週みていました。

 これが、性同一性障害について考える、初めてのきっかけになったと記憶しています。
番組が放送されたのが、2001年。もうすっかり大人になっていたどころか、4人の母になっていたというのに、この時はまだ、とても考えも浅く、まるで人ごとのように感じていた私でした。

 恥ずかしながら、「LGBT」という言葉の詳しい意味を知ったのは、いろいろな研修で詳しく学んでからです。

写真

 近年では、タレントの方でも、テレビで多様な性とご自分の性についてオープンにお話をされている方も増えました。なので、そのような場面を目にする度に、家庭で自身の子どもたちとそのことについて話したりする機会を作ってきましたが、どれだけ伝えられているのか、とても不安でいました。

 もちろん、親子の会話の中で、多様な性についての話をすることは、とても大切なことだと感じています。
その上で、伝えるのが難しい専門用語については、
前回のコラム 同様、本のチカラを使ってみるのも有効なのではないか、と思うのです。

 実際、三男にすすめた「性」についての本の中では、この「LGBT」について、私が読んでも、なるほどねー!と頷くくらい、詳しくわかりやすく解説されていました。
そして実は、本を読んでの感想を聞いた時、
三男が「本を読んで一番勉強になった!」と答えたテーマは、
「LGBT」についての項目だったのです。

 2015年に、電通ダイバーシティ・ラボが7万人を対象に行った調査によると、
約13人にひとりが、LGBTと報告されています。とても高い確率です。
なのに、まわりでそのことで悩んでいる、という方にそれほどの確率で出逢ってはいないのではないでしょうか。
ということは、それを公表出来ずに隠して悩んでいる方も、たくさんいらっしゃるということですよね。

 ならば、私たちひとりひとりが、人ごとと捉えずに、
正しい理解を持つこと、とても大切なのではないでしょうか。

 多様な性、多様な考え、多様な生き方を理解し、
どんな人も受け入れられる社会を作っていくことが出来たら素敵ですね。

----------------------------------------------------

 5月12日、大阪のドーンセンターにて、
公益社団法人 誕生学協会の公益事業公開講座として、
『子供未来塾』が開催されます。
この講座のテーマが「LGBT」なんです。

 LGBTへの理解を深め、いま現在悩んでいLGBTの子どもたちへの
対応、学校・地域において私たちが出来ること、についての学びです。

 ぜひ、知ることから始めてみませんか?

~講座の詳細はこちら(下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます)~

----------------------------------------------------

 私も、もっともっと学びたいと思います。

 次回の『澤田貴美子のつながるいのち』をお楽しみに。

澤田貴美子(さわだきみこ) フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

(2016年02月25日)