神野三枝の誰ともかぶらない大人のおもてなし 人気パーソナリティ・神野三枝さんによるおもてなし流儀。手土産、おもたせ、レストランなど、人とはかぶらない大人のおもてなしをコラムでお届けします。

第16回 『知多牛専門店みさわの知多牛しぐれ煮』

 お歳暮の季節になりました。お歳暮は新年に先祖の霊を迎えるために必要な供物を、本家や親元に持っていくことから始まったとされる行事でしたが、風習は変わり、日ごろお世話になった人へ一年の感謝の気持ちを込めて、年末に贈り物をする習わしへと姿を変えました。新しい年を迎えるのに役立つものを送るのが一般的とされ、大事なマナーとしては、贈る品物には紅白の水引と熨斗(のし)の飾りをつけて贈るのが礼儀とされています。ただし、贈るものが生物の場合は、熨斗はつけずに水引のみ。熨斗とは「のしあわび」の略称で、お祝いに海産物を贈った古き時代の習慣を簡略化させ、包みの右上に付けられるようになったものなので、熨斗自体が生物を意味するため、生物を贈る場合には熨斗をつけることはしないのです。水引の形は蝶結び。結び目が簡単にほどけ、何度も結び直せる「蝶結び」の水引は、何度あっても良いお祝いやお礼用に用いられます。一般的には紅白の水引を5本、特別なお祝いの時には金銀7本。水引の数が多いほど、豪華なお祝いになります。

写真

 では何を贈りましょう?
私には以前お世話になっている方から頂いた、忘れられないお品があります。
知多牛でこさえられたしぐれ煮です。その美味しさと言ったら、これまで様々な有名メーカーのしぐれ煮は食してきましたが、別格とでも言いましょうか。今でも初めて食べた時の感動を忘れません。

 それは辛過ぎず甘すぎず、くどくもなくあっさりし過ぎることもなく、その味加減のバランスが絶妙なのです。アツアツのご飯にのせ一口、「これは美味しい」急いで食べるのが勿体なくて、少しずつ頂いた覚えがあります。先様にお贈りするなら絶対に喜んでいただける自信のある逸品を贈りたいものです。

写真

 その知多牛のしぐれ煮を作っているのは、半田市宮路町にある知多牛専門「みさわ」。

 店主の三澤典正(みつざわのりまさ)さんと奥さんの加代子(かよこ)さんが切り盛りする精肉店の人気商品です。

 
写真
店主の三澤典正さん

 みさわは、典正さんの父と伯母が乙川の地で創業し、のちに父が独立して現在の宮路町に店を構えたのが昭和42年。典正さんが6歳の時でした。店は繁盛し両親が忙しく働く姿を見て育った典正さんは、必然的に跡を取るべく千葉の食肉学校へと進み、その後2年の修行を経たのち20歳で父の元へ。それから20年、父の右腕となって店を切り盛りしてきた典正さんは40歳の時に父から暖簾を受け継いだのでした。店主となり、改めて父の存在の大きさを思い知り、自分の甘さに気付かされたと言います。

 あれから14年、今日まで店を守って来ることのできた秘訣をお聞きすると、店主は迷わず言われました。
「いい奥さんに巡り会えたことです。今の店があるのも、自分があるのも全て奥さんのおかげです。」短髪に切りそろえた頭髪を掻きながら照れたそぶりを見せながら仰いました。

写真
奥さんの加代子さん

 お二人が出会ったのは高校生の時。純愛を貫き結婚したのが24歳の時。3人の子供に恵まれ、加代子さんは子育てに追われながらも商売を切り盛りして30年。現在はお孫さんにも恵まれ、忙しくも幸せな日々にただただ感謝の気持ちだと言われます。

 
写真

 5年前には店舗を新しくし、この時にみさわの目玉となる知多牛しぐれ煮を開発したのです。たまりの本場である半田の上質な味を生かすため、肉の脂を丁寧に取り除いて赤身100パーセントでさっぱりとした味に仕上げました。その旨味は評判を呼び、食通の間で話題に。

 
写真

 ―最後に店主にお聞きしました。みさわさんの考えるおもてなしとは何ですか?
「材料は高く買って安く売る、買う時はケチらずに!です。私は器用ではありませんので、ただただ正直に、そして真面目に仕事をするだけです。」

 
写真

 いつもの味、家庭の笑顔。みさわの心意気のつまったしぐれ煮は、年末に贈り主である貴方の顔をきっと立ててくれることでしょう。
先様に一年の感謝の気持ちを込めるには申し分のない逸品です。

 
写真
誰ともかぶらない大人のおもてなし

「知多牛専門店みさわの知多牛しぐれ煮」

知多牛しぐれ煮120グラム1袋 680円(税込)
ご贈答用に3袋まで入る化粧箱のご用意もあります。
ご購入は店頭で。常時店頭にありますが、大量にご入用の場合は、お電話にてご予約をお願いいたします。
宅配をご希望の場合はお電話にてご注文をお願いいたします。全国どこへでも宅配可能です。(宅配費用は別途)

『知多牛専門店みさわ』

〒475-0902 半田市宮路町27番地
【TEL】 0569-21-2157
【営業時間】 8:30~18:30
【定休日】 日曜日

(2015年11月16日)