澤田貴美子のつながる“いのち”

第1回 『いのちって、スゴイ!自分って、スゴイ!』

写真

 はじめまして。 公益社団法人 誕生学協会認定、誕生学アドバイザー・産後教室講師の澤田貴美子です。

 4月からこのコラムを担当させていただくことになりました。誕生学アドバイザーとして、産後教室講師として、また、16年間従事している、産前産後のフィットネスインストラクターなどの経験の中でのエピソード、自身の4人の子育ての中で学んだことなど、「妊娠・出産・育児・更年期」、そして「誕生学®」などをキーワードに、女性のためになるコラムをお届けしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 第1回目の今回は、「いのちって、スゴイ!自分って、スゴイ!」。 みなさんは、ご自分のいのちが始まった時の大きさを、見たり感じたりした経験はありますか?自分のうまれた時の大きさをご存じの方は、多いですよね。いのちが始まった時の大きさを、数字でご存じの方も多いかもしれません。でも・・・私が誕生学®の講座を開催後に、よくいただく感想は、「いのちが始まった時の大きさを、見たり感じたりの経験や、いのちのちからについてこんな風に感じたことは、今までほとんどなかったわ」という声が多いです。かくいう私も・・・自分のいのちの始まった時の大きさはもちろん、「おなかの中でどのようにどんな力を使って成長し、どんな力を使ってうまれてきたのか」、なんてあまり考えたこともありませんでした。誕生学®に出逢うまでは。

写真

 今回このコラムで誕生学®という言葉を初めて知ってくださった方も多いのではないでしょうか。

 誕生学®は、「生まれてきたことが嬉しくなると、未来が楽しくなる」をコンセプトに、『誕生』を通して、子どもにも大人にも「自分がどんな風におなかの中で成長してきたのか」「自分自身の産まれてくる力」を伝え、産み生まれる力を再認識することで自尊感情を育むことを目的としています。そして、いのちの大切さやいのちをつなげる尊さを感じることにより、いじめや青少年の自殺、親子の愛着形成不全を防止し、次世代育成支援を目的としたライフスキル教育(※)プログラムとなっています。 [公益社団法人 誕生学協会HPより]

 「いのちって、スゴイ!自分って、スゴイ!」と心で感じることは、大人のわたしたちにとっても、非常に大切なことであるとともに、成長期のこどもたちにとっては、特に、とても重要な事だと感じます。

 それはなぜなのか、そしてどんなことに良い影響をもたらすのかについてや、ご家庭でもできる声かけについても、このコラムの中でこれからお伝えしていきたいと思っています。

 次回の「澤田貴美子のつながるいのち」をお楽しみに。

※ライフスキル教育とは、心の健康を高め、自分や他者を大切にし、精神障害・問題行動を予防するための教育定義です。[WHO世界保健機関ライフスキル教育プログラムより]

澤田貴美子(さわだきみこ) フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

(2015年04月09日)