ブライダルインタビュー一覧
アーティスト 伴都美子(Do As Infinity)

伴 都美子(ボーカル)、大渡 亮(ギター、ボーカル)によるロックバンド。1999年に結成、デビュー前から100回以上の路上ライブを繰り返し、同年9月、シングル『Tangerine Dream』でデビュー。ベストアルバムはミリオンセラーを達成。今年1月19日にはニューアルバム「EIGHT」をリリース、4月から2年ぶりのライブハウスツアーを開催。中部地方は、5月6日(金)Zepp Nagoyaにて。サンデーフォークプロモーション(TEL052-320-9100)

自分一人では生きられない。私にとってはバンドも大切なHOMEです

 音楽との出会いを振り返ると、学生時代にバンドを組んだなどの経験はありませんが、昔からいろんな音楽を聴いていました。今こうしてDo Asとして活動していく中で、音楽から人生の楽しさや喜びをたくさん教えてもらい、生きがいというものを感じたりもします。

 先月リリースしたアルバムは、以前にも増してPOPでROCKな一枚に仕上がりました。ツアーの合間にレコーディングをしたこともあり、LIVEを感じさせるような曲がいっぱい。新しいDo Asサウンドが完成したと思うので、ぜひ聴いてみてください。また4月からスタートするツアーは、久しぶりにライブハウスを中心に回る予定です。今からとても楽しみにしていますし、皆さんと楽しさを共有できるようなLIVEにしたいです。

 この記事を読んでいる皆さんには、これから結婚をして家庭を築く方も多いそうですね。私の場合、お互いに支え合い、尊重し合える関係は家族に限らず、友人や恋人に対しても必要なことなのだと思います。自分一人で生きているわけではないですからね。そういう意味ではバンドも私にとっては一つの大切なHOMEです。

 曲作りにおいても、大切な人との心のふれあい、毎日の中での喜怒哀楽が、いい意味で影響しています。自分の弱さを知ったり、人の温かさを痛感したり。心が動いて、感動があるんですよね。

 人生のパートナーと出会えたこと自体、すばらしいこと!!不安もあると思いますが、それ以上のHAPPYが待っているはず!そして、私もいつか、そういう方と出会えたらよいなと思っています(笑)。

(2011年3月)

中日ブライダル