マネー一覧
電話やネットで加入する“ダイレクト系”保険会社はなぜ安い?

電話やネットで加入する
“ダイレクト系”保険会社はなぜ安い?

 クルマの購入が決まったら、安心して運転するためにも自動車保険に加入したいものです。最近テレビのCMでよく見かけるのが、電話やインターネットで手軽に申し込みができる自動車保険。「保険料がおトクです!」とうたっていますが、従来の保険と比較して何故安いのか、そしてどんなところが違うのかを調べてみました。

 自動車保険は、“国内代理店系”と“ダイレクト系”の2種類に分けられます。“国内代理店系”は代理店の担当者を間に挟んで国内の損害保険会社と契約を行います。一方“ダイレクト系”は、ネットや電話で個人と保険会社が直接契約を行います。“ダイレクト系”は代理店にかかる中間コストを省くことで、保険料を安く抑えられています。一般的に従来の“国内代理店系”より2~3割も安くなる場合もあり、若い世代や都市部を中心に序々にシェアを拡大しています。
ライフスタイル マネー  “国内代理店系”の場合は、代理店が事故時に保険会社との橋渡しを引き受けてくれるので、慣れない事故のときでも安心感があるというメリットがあります。一方、“ダイレクト系”の場合には、ロードサービスが充実しているものが多く、会社によっては現場直行サービスなどを実施しているところもありますし、コールセンターでの電話応対やインターネットでもサポートしてくれるので、サポート・サービス面が充実していないというわけではありません。“国内代理店系”と“ダイレクト系”のどちらも、会社ごとにしっかりリサーチして、自分が安心・納得できる保険会社を探すことが大切です。まずは、いろいろな会社の情報をチェックするところから始めてみましょう。

◆取材協力・情報提供会社◆
アクサ損害保険株式会社
〒111-8633 東京都台東区寿2-1-13 偕楽ビル
LC-10-013

 
自動車保険見積もりガイド http://a-ehoken.com/ 各保険会社の保険料がリアルタイムで一括表示、比較できる!