インテリア一覧
危険から身を守る防犯インテリア術

危険から身を守る防犯インテリア術

ライフスタイル インテリア
ライフスタイル インテリア

 皆さんは防犯に対し、「ウチだけは大丈夫」という変な安心感を持っていませんか?でも、女性の一人暮らしの場合、やっぱり何かと不安です。市販の防犯グッズを用意したり、ちょっとした工夫で防犯できるアイデアを取り入れて、安心して一人暮らしを楽しみましょう。
 窃盗犯の約半数は玄関のドアから侵入しています。まずは玄関ドアに徹底的に防犯対策を。鍵を開けるのに時間がかかるドアは、ドロボーにとっては、それだけ発見されやすくなるので嫌なもの。ドアの鍵を替えるなら、ピッキングしにくいディンプルキーやメインの他に補助キーがある2カ所施錠するタイプがおすすめです。最近では、暗証番号付きの電子キーやカード式など、さらに防犯性が高いものが販売されています。賃貸物件の場合、大家さんが承認すれば鍵を替えることができますが、無理な場合は、自己負担をしてでも鍵を変えた方が安全です。また、ドアの郵便受けから室内を覗けるような場合は、自分で目隠しをしましょう。
 次に防犯対策をしたいのが窓。とくに3階以下の部屋の場合や最上階は要注意です。備え付けの鍵だけでなく、市販の補助鍵やガラスが割られたときに反応する防犯ブザーを設置すると防犯性がアップします。
 女性が危険から身を守るためには、一人暮らしや留守だと分からせないようにするのが大切です。表札に2つの名字を書いたり、洗濯ものに男性物の下着を混ぜる方法は有効です。反対に可愛いらしいプリントのカーテンは若い女性の一人暮らしをアピールすることになるので、避けましょう。また、ランダムな時間にタイマーで室内の電気が付くようにセットしておくのも、夜間や留守時に防犯効果を発揮します。
 これから引っ越しを考えている方は、物件を下見する際に、建物の周辺をぐるっと回って、建物に侵入されにくい構造かどうかや、オートロックや防犯カメラなど、共同セキュリティ設備のチェックをお忘れなく!

 
引越し価格ガイド http://a-hikkoshi.com/ 引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!