オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

「アッセンブリッジ・ナゴヤ2018」の見どころレポート!港まちで出会うアートと音楽

2018年10月 7日 00:37 | コメント(0)

 こんにちは。オピ・リーナ編集部です。

 愛知県・名古屋の港まちを舞台とした現代アートと音楽のフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ2018」(名古屋市港区)が、本日10月6日から始まりました。

 さっそく編集部員がお邪魔して、注目ポイントをリサーチしてきました。

 

■「アッセンブリッジ・ナゴヤ」とは?

 アッセンブリッジ・ナゴヤは、2016年にスタートして今年で3回目。特徴的なポイントは、港まちの空き家やお寺、喫茶店など、至るところでイベントが開催されること。日常生活のなかに芸術が溶け込んでいて、新しい驚きや発見が感じられるよう演出されています。

 開催されるイベントは「現代美術」「音楽」、そして今年からの新しく追加された「サウンドブリッジ」の3つのプログラムに分けられています。
 

333-2.jpg

333.jpg

 総合案内所の「港まちポットラックビル」入り口

 

■「現代美術」

 至るところに作品が展示され、まるでまち全体が美術館のよう。参加アーティストは、港まちエリアをひとつの『庭』に見立て、作品を落とし込んでいます。

 「港まちポットラックビル」の2~3階にも、作品が展示されています。

111-5.jpg

111-3.jpg

111-4.jpg

アーティストユニット「L PACK.」による作品《“UCO”のための設計ー8枚切りのアーカイブ》

222.jpg
アーティスト「碓井ゆい」さんの作品

 

 近年、港まちエリアには空き家や空き地が増え続け、今年10月末には数多くのイベントが行われてきたカフェ「UCO」が取り壊されることになるなど、港まち自体が時代とともに変わりつつあります。今の日本を代表するようなこの“まち”=『庭』の変化そのものを作品として記録し、観たひとに何かを残していきたい、という思いが込められているそうです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小田桐奨さん(@odagirisusumu)がシェアした投稿 -

 

 一見して何気ないまちのなかを、アート作品を探してながら歩いていると、何だか感覚が研ぎ澄まされて、今まで気付かなかった景色やモノを感じられるような気がします。ただブラブラと散歩するだけでも楽しめます。

 

■「音楽」

 劇場やコンサートホールではなく、“まちのなか”で演奏を聞くという、新しい音楽の楽しみ方を提案してくれます。

 会期中には著名な奏者を招いたクラシック音楽のコンサートも多く開催されています。『クラシック音楽は少し敷居が高いなぁ』というイメージを持つ方が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

 ですがご安心ください!実際に奏者の方とふれあう機会があったり、まちなかで急に聞こえ出すクラシックの美しい音色だったり、今まで何となく敬遠してきた方が、クラシック音楽の魅力に気づくきっかけになってくれるでしょう。

 

 

assembridge.nagoyaさん(@assembridge.nagoya)がシェアした投稿 -

初日に行われたサタデーコンサート。出演はリヴレ木管三重奏のみなさんです

555-4.jpg

そのコンサート会場はなんと、旧・名古屋税関港寮です。

555.jpg

コンサート後には、菓子まきが行われました。

 

 実際にクラシック奏者の方とふれあって、コミュニケーションが取れることで、あると思っていた“敷居”は簡単に崩れます。頭でっかちが芸術の敵であること再認識しました。。。
 

 

■「サウンドブリッジ」

 そして、今年から始まる「サウンドブリッジ」は、あらゆる分野を横断した体験型イベント。ヒップホップやパフォーマンス、ポップミュージックにダンスなど、多種多様なカルチャーのイベントが予定されています。「現代美術」「クラシック音楽」と融合して、どんな新しいアートが生まれるでょうか!

 開幕初日はイベントがありませんでしたが、また取材にお邪魔してみたいです。

 

■カフェ&イベントスペース「UCO」

 

NakajimaTetsuyaさん(@lpackn)がシェアした投稿 -

こちらがカフェ&イベントスペース「UCO」


 アッセンブリッジ・ナゴヤには欠かせない重要な役目を担ってきた「UCO」が、惜しまれつつつも10月末で閉鎖されます。しかし、最後の最後までアートやカルチャーを発信し続けてくれます!

 10月20日(土)はフリーマーケットやアーティストグッズ販売を行う「UCOマーケット」、そして10月26日~28日は「UCO最後の3日間」と題して、ライブやワークショップなどが行われます。もちろんカフェも営業していますよ。

444.jpg

444-2.jpg

 


 いかがでしたでしょうか?

 無料で楽しめるイベントが多くありますが、一部イベントはブリッジパス(500円)が必要です。また、音楽公演の一部は有料です。詳細はホームページをご覧ください。

 とにかく多彩な芸術が楽しめて、秋にピッタリなイベントです。ぜひ足を運んでみてくださいね!

「アッセンブリッジ・ナゴヤ2018」公式HP

 

 

■関連記事・イベント紹介

 

<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る