オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

夏のイメチェン!ヘアドネーションで35センチカットしました☆

2018年8月 8日 11:25 | コメント(0)

こんにちは、R編集部員ですcancer

 

夏真っ盛り!夏大好きなRですが、さすがに暑すぎ(笑)

週末はまた台風が来るっていうし・・・心配ですね。。

 

さて、夏ということで(!?)わたくし、だいぶロングだった髪をバッサリ切りまして、

ヘアーをドネーション(寄付)して参りました!

 

ヘアドネーションとは(bywikipedia)

小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動。

 

子ども用の「かつら」というのが世の中的にとっても少なく、作るのにも何年もかかっていたそうです。

 

わたしも以前、某女優さんが行ったことでその存在を知ってはいたのですが、なかなか行動に移すまではいきませんでした。

 

もともと長い方が好きで、肩甲骨下あたりでキープしていたのですが、

昨年の秋ごろに行っている美容室でヘアドネーションができると聞いて、伸ばすことにしたのです。

 

ヘアドネーションができる美容室がまだまだ少ないらしく、知人は別の美容室で断られたそうです。。

 

あれから1年弱。伸びるのが早いRですが、やっと腰くらいまできました!

 

r-180806_1.jpg

 

多毛なので、洗うのも大変、乾かすのも時間がすごくかかるし、いろいろ巻き込まれるし、何より重かった・・・

 

以前から何度か長さを計ってもらい、今回サイドの髪もようやく寄付が可能な「31センチ」を超えたので、切ってもらうことにしました。

後ろは35~40センチくらいいってたみたい。

 

r-180806_2.jpg

うねってるのはさっきまで結んでいた線で、これを目安にギリギリ結べるくらいでオーダーしました。

 

先ずは、髪を丁寧にとかしてもらい、少量ずつの束にします。

 

r-180806_3.jpg

そして、とうとうドキドキの断髪式・・・「ほんとにいい?」と何度も聞かれた後、

その束にしたゴムの上1センチほどをカットします!!

 

じゃーん。

r-180806_4.jpg

なんか変な感じ。

もう違う人の物みたいに見える・・・

 

そして、どんどん切って行きます。

後はもう躊躇なく(笑)r-180806_5.jpg

これで2/3ほど。とんだけ多毛だよ!

美容師さんもびっくりの量だそうで。まあ、2人分貢献したと思えば・・・

 

r-180806_6.jpg

ザクザクきってまさに散切り頭のような風貌に。

 

ていうか、あれ・・・なんか短くない・・・?肩くらいってさっき・・・オー・・・ダー・・・

 

形を整えてもらったら、めっちゃ短くなって、全く結べませんでした!

r-180806_7.jpg

美容師さんも笑いをこらえながら、

「あれ・・・?むすべ・・・な・・い・・かも?」とか言い出して。

 

おいっ!(笑)

(もう通って長いので許しますが・笑)

 

前から見ると・・やっぱり短いなぁ。涼しいけど後頭部蒸れそう。

r-180806_8.jpg短さが気になって帰りの駐車場でまさかの自撮り。

数年前に肩くらいには切ったけど、こんなに短くしたの15年ぶりくらい?

 

ん~でもさっぱりした!

なにより乾かした後のカット後ですか?みたいな抜け毛が少ないのが一番うれしいかも(笑)

 

まだまだ違和感ありまくりですが、この夏後半はこの髪とともに乗り切るぞ~!

 

 

ちなみに、寄付先はこちらです↓↓↓

Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック,JHD&C)

寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを 頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに 完全無償提供している日本で唯一のNPO法人。です。

 

わたしは美容室からまとめて送ってもらうのですが、個人でも送ることができるそうです。

自分で送ると、証明書のようなものがもらえるんだとか。

 

ただし、長さとか、送り方とか、切り方なんかにもいろいろ注意点が必要なので、しっかり読んでからチャレンジしてほしいと思います。

 

また、髪を寄付できなくても、募金をしたり、ただ存在を知って話題に出すことで知名度を上げることに貢献いただければいいな。と前出の美容師さんが話しておられました。

 

あとあと、最近は小学生などのちいさなお子さんも参加しようとされるそうなのですが、

大人の30センチと子供の30センチは違いすぎるので(子供だとおしりの下くらい必要)、そのこともご注意いただければと思います。

 

個人的には「トリートメント処理工程レポート」をじっくり読んでしまいましたので、良かったらぜひ。

 

 

わたしの髪が少しでも子どもたちの役に立てたらいいなぁと思いますhappy01

 

この活動、広がれっっ!

 

 

 

 

 

 

<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です